グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > イナギャラ1~5話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イナズマイレブンGOギャラクシー 第5話感想

inazuma0608-0.jpg
ところで某ブログにあるレイトンファンのブロガーはたぶん私じゃないと思います。
無理しなくていいのよ…?好きなイナズマキャラでもいいのよ…?
いやね、確かにブログで散々協力を呼び掛けているのは認めるけど、
流石においらの呼び掛けには誰も応じないって。
そして中間発表の結果のせいで、おいらは今若干機嫌が悪い。
…イナズマキャラ独占に比べればまだマシだろうけど!
とにかく独占崩れて今は飯が旨いぜヒャッホゥ!!



さて先週の続き。
異例の脱退試験が行われることになった。
黒岩監督には選手達を引き留める秘策が何かあるようだが何なのだろう?
たぶん監督のことだから、相当汚い方法(あくまでも褒め言葉)を使うのかもしれない。
inazuma0608-1.jpg
試験の内容はキーパーのいないPK戦。
全てを外せば試験に合格したということになる…という内容。
このようなある意味舐め切った選考方法に呆れる一同に対し、
もし選考に落ちたら猛特訓が待っていると監督は忠告する。
おそらく全員を本格的な特訓へ持ち込んでいくつもりなのでしょうね。
inazuma0608-2.jpg
やる気のないメンバーの中でいきり立つ井吹。彼と瞬木だけは残ることを告げる。
どうせ金と名誉目当てで来たんだろう?そんなやる気のない人間は帰るべきだ、
そう言ってどっしりと構える神童に井吹は激おこぷんぷん丸。
しかしチームプレーをする気がないという意味ではあんたも同類だよ神童君。
inazuma0608-3.jpg
その中で仲間を信じようとする天馬の思い虚しく、弟達の憧れで居続けたい瞬木
神童の鼻を圧し折りたい井吹以外のメンツは試験を受けることを決心してしまう…。
まぁ無条件で願いを叶えてくれるのなら適当な判断かと。
先程の神童の上から発言に激昂し残留の決意を固める井吹を見て思ったのだが、
一番目障りであろう彼が自分の発言で残るというのだから神童さんあんたアホか。
だから今人気投票で順位下がってるのよ!?
inazuma0608-4.jpg
どうせどうせと言い訳をする好葉を見て昔のおのれを思い出し、
ゆえにゆえにと言い続けてる水川を見てポトムリ説を思い返す自分であります。
そしてそんな中、黒岩は計画を着々と進めていった。鉄製の長いものを。

さて、誰しも触れられたくない自分というものはありまして、
そういう個人的な心情を覗けるのが我々視聴者の特権でありましょう。
・・・という訳で今回は鉄角君。
inazuma0608-5.jpg
彼がランニング中、とある母子連れの引ったくり現場に遭遇してしまう。
このアニメの引ったくり率の高さと治安の悪さに呆れながら
鉄角は現行犯の男に注意するがそれに逆上した男、
あろうことか鉄パイプで殴りつけてきたのだ。
これに己の拳で応戦する鉄角であったが…どうやらこれにより
ボクシング人生を絶たれてしまったようなのだ。
inazuma0608-17.jpg
レイトン教授の世界では鉄パイプは正義の名の下で使われる無敵アイテムなのに。
(イナズマの世界で例えれば無敗そよかぜステップみたいなもんです。)
そしてこの過去を知っているのは真名部…ってお前どんだけ知ってんのw
それからどんだけ皆帆はチームメイトの心の傷を抉るのwwやめたげてよお!

さぁいよいよ脱退試験の会場に着いた選手達。そこに待っていたのは…
inazuma0608-6.jpg
マスゴミ界で輝く清純派アイドル、我らがじゅんじゅんだったのだ!
じゃなくて会場を埋め尽くす観客と報道陣。招待したのは何と黒岩監督。
そして監督は今から華麗なシュートを披露すると観客の前で豪語したのだ。
えげつねぇ…まさに公開処刑!!これだと簡単にふざけたプレーが出来ない。
監督曰く「日本の誇り(笑)」である脱退希望者達は状況が把握できない。
inazuma0608-7.jpg
ここで皆帆が監督の本意を察して挑戦者達に説明するが、
元々親父の漁船以外失うものは何もない鉄角が真っ先に名乗り出、
一気に4本のシュートを外す。観客の残念そうな声が会場に響く。
「何故DFのくせにシュート力が高すぎるのか」と。
そんな観客のブーイングを聞いて思い出す、叔父であり我が師でもある徹さんの言葉。
――「逃げるくらいならリングを降りろ!」(※今逃げているところです)
inazuma0608-8.jpg
――「男だったら、逃げずに立ち向かえ。」(矛盾してるような気もする)
しかし自分がジャパン入りを買って出たことを親父が喜んでいる。
会場では韓国戦の活躍を見た子供達が自分を応援してる。
プライドを捨て、親父との約束を延期する代わりに、
鉄角はイナズマジャパンで戦うことを選んだ。そう、最後にゴールを決めたのだ。
inazuma0608-9.jpg
何となく吹っ切れた鉄角の次にゴールの前に立つ九坂。
常日頃のドンパチで鍛えた必殺技(?)「喧嘩シュート」を決める。この技が実現したら笑う。
三番手の真名部は後ろ蹴りでシュート。ひねくれ過ぎっす。
四番手の皆帆はコースを計算しながらシュート。
inazuma0608-10.jpg
五番手の野咲は「やってらんないわ…┐(´Д`)┌」と言いながら
アクロバット技見せつけながら華麗にシュート。観客の大歓声。
逆に多くのファンを作り簡単に離脱できない環境を作ってしまった。
【結論】彼らが外した理由→観客の声援と鉄角の早過ぎるデレ
inazuma0608-11.jpg
六番手の森村。敢えて外そうと試みる彼女だったが、
観客の応援に気圧され踵でボールを弾き飛ばしてしまう。
そのボールは強烈なバックスピンで見事ゴール。※テニ○リの世界では日常茶飯事です。
inazuma0608-12.jpg
こうして全員は試験に失格してしまうことになった。
これがサポーターの力であり、選手である以上彼らの期待に応えなければならない。
色々大変だろうけど、頑張ってね!(他人事)

いよいよ世界に向けての練習が始まりました。お約束でしたもんね。
しかし運動に縁の無い頭脳組は初っ端からバテております。
inazuma0608-13.jpg
まぁこうして残ることになった訳だし、出来る限りのことはやっていこう。
今回デレた鉄角も真面目に練習に参加するようになり、
全体的に少しずつ日本代表らしくなりつつある予感(同じ様な事何度も言った気がする…)。
このまま彼らの成長をゆっくり見守っていこうと思ってます。
inazuma0608-14.jpg
そんなこんなでイナズマジャパン本格始動。
視聴者の皆様の応援でこれからも彼らは頑張っていくでしょう。

あとスゲェどうでもいい話ですが、鉄角が助けた母親…水鳥姐さんと同じ中の人だそうです。
全く残りのマネージャー二人にも早く会いたいものです。
そして願わくば三国さんを…。



inazuma0608-15.jpg
次回からはオーストラリア戦
折角リアルでもサッカーが波に乗っている今、
是非イナズマジャパンも頑張ってほしいところです。
しかーしそう簡単には問屋が卸さない。何とまさかの第二の仲間割れ疑惑?
その首謀者…一体何さくらなんだ…。



kansou0608.jpg
今回の出オチを締めの画像はこのゲームの1シーンでございます。
※あくまでも画像の内容は主の妄想の産物であり、実際の内容と違う恐れがあります。
とにかく人気投票で何とか教授の壁紙が欲しいので援助お願いします。
勿論不正なんかしてません。ただ票が欲しいだけです。
あぁそうですよね。もう勝機がないって仰るんでしょう?
はいはい羨ましいもんですよ、皆さん良かったねよかったね~。
所詮会社の初ブランド作品は二番手程の大爆発な売れっぷりは無理だったんでしょうね。
まぁ別に?イナズマキャラが牛耳るランキングじゃないから?別にいいけど?
でもね?折角長野さんが描き下ろしでイラスト描くんだよ?凄い事なんだよ?
クロノ・ストーンのパッケージでようやくアニメ絵になったー!とか喜んでるんでしょう?
こちらにとっては凄く大事な問題なんですよ、長野さん描きおろしってのはよォ。
そもそも公式のポスターやグッズが殆ど無くて売っていてもすぐ売り切れるんだよ?
理解して下さいよォ、飛行機やタイムトラベラーズとレイトンとイナズマにダン戦
ジャンルがごちゃごちゃになってカオスになった方がいいでしょう?

と、いう訳でどうせ自分のキャラなんて…と諦めた方。是非教授(大人)を。
17歳もいるので間違えないでね。大人の方ですよ?



inazuma0608-16.jpg
ネタバレ:来週の中間発表の結果次第で愚痴の量が変わりますご注意を。
スポンサーサイト

イナズマイレブンGOギャラクシー 第4話感想

inazuma0602-0.jpg
昨晩は配信お疲れ様でした。
まぁ結局イナズマより他のアニメについての話が多くなりましたが。
今期アニメの中ではイナギャラは中の下ぐらいでしょうか。
中の下。



さて前回かろうじてアジア予選初戦を突破したイナズマジャパン。
このような素人チームで今後世界へ駒を進めることが出来るのか?
そして神童拓人の胃にできる穴、井吹の堪忍袋、九坂の開眼等々
不安要素てんこ盛りで今週もやっていきましょう。
inazuma0602-1.jpg
基礎練習の大切さを説く天馬であったが、所詮雇われジャパン。
やる気を見せるものなど殆どいない。
次の日に練習に来たのはいつもの三人と瞬木、そして野咲だけだった。
練習は初戦以降強制はされないという契約のせいでもあるらしい。
inazuma0602-2.jpg
この信じられない契約を考え付いたのは黒岩監督であった。
その理由を神童は問い詰めるが監督は天馬に練習を始めるよう告げるだけ。
更に肝心の練習メニューは天馬達に任せるのだとか。
まぁ今までの無能無言無関心監督達も似たようなものですからね。
皆を呼び戻そうとする天馬を引き留めるさくら。
練習は勝手に始めようと説得し、天馬もそれを受け入れるが…
inazuma0602-3.jpg
そしてこの笑顔である。狩屋かよ。
あーこういう女の子って部活の中のヒエラルキーでは結構上にいながら
仲間達からは陰でとことん嫌われるタイプでしょうねー。
自分は部活にいたことがないので詳しくは分かりませんが。
更に自分が中学の頃の場合、教師にも仲間にもいい顔してるくせに
気に食わない相手(おいら)だけ黒いところを見せる子がいました。
助けを求められない分、たぶんこれが一番辛いと思うのです…。
おそらく彼女にとって新体操部員と視聴者はどうでもいい存在なのでしょう。
inazuma0602-4.jpg
新体操でもボールを使うからか、さくらのコントロール能力が高いのは明らか。
またさくら自身もサッカーの楽しさに気づき始めたと言う。
これを聞いた天馬はさくらはこの後有力選手になるかもしれないと喜ぶけど、
でも結局それは新体操チームに入れるという欲の絡んだ媚売りだろうね。
inazuma0602-5.jpg
調子に乗ったさくらは思わず手でボールを操るけど流石にこれはハンド。
へてっと笑って返すけど、この態度笑って済まされるの男子だけだから!
女子だったら裏で血の海が見られること必須だから!!
一方彼女が世界クラスの新体操選手という事を知っていた神童は、
何故彼女を新体操協会は引き止めなかったのかと疑問に思い始める。
大会でメダル総なめの彼女ならジャパンの御威光に頼らずとも
普通に無償で留学でも有名新体操チームに移籍でも出来そうなのだが…。
inazuma0602-6.jpg
同じ手でボールに触れるGKなら何とかやれそうかもとさくらは挑戦してみるが、
三流の蹴るノーマルシュートにビビってこのお始末。これ演技じゃないよね?
というか地味に使い回しされている三流君の空気っぷり半端無いね!
でもイナギャラ一の常識キャラというポジションはそう簡単に崩れなさそう。
もう黒の騎士団時代なんてただの黒歴史やったんや!
inazuma0602-7.jpg
GKに挑戦してあっけなく失敗してしまったさくらを天馬はフォローする。
そしてまたこの企み顔である。やっぱり演技だったのね…。
ここで瞬木がドリブルの練習をしたいと申し出る。
闇堕ち君もかつては陸上部でしたし、こちらも期待できそう。
韓国戦の前後で彼自身にもそれなりに心の変化が見られたしね。
inazuma0602-8.jpg
天馬が幼児時代から続けていたドリブル練習法を伝授。
これにさくらも加わり、二人は懸命に練習に励むことに。
まだドリブルになっていないけども、今後上達することを祈ります。
とそこへやって来た葵ちゃん。
先ほど部員の部屋を回って来たけども誰もいなかったのだそう。
inazuma0602-9.jpg
自分をコケにした神童を見返すためにバスケを利用して特訓する井吹、
痛む古傷を抱えながら海辺のテトラポッドから海を眺める鉄角、
フクロウと自分を重ねる森村、フェイ「僕とビッグみたいなもんだね。」
いつもの仲間とたむろってる九坂、ザナーク「俺みたいなもんだなァ!」
女の子の品定めを楽しむ皆帆、おいら「その推理力欲しいものだなァ…(女子力的な意味で)」
秒針の無い時計から時刻を秒単位まで読み取り計算で時間を潰す真名部、
鉄骨業者に例の物を注文する黒岩、――これは案外マップ広くなりそうですね。
inazuma0602-10.jpg
こうして練習をしようとしないメンバーに頭を下げて懇願する天馬。
契約した彼らをサッカーに好きになって貰おうとするためのものであった。
しかし各人の反応はイマイチ。あぁこの展開が18話まで続くのかぁ…。
剣城は新たな必殺技と空気キャラ脱却のために特訓。
神童は黒岩監督に追加メンバーを申請するがいい反応は貰えなかった。
inazuma0602-11.jpg
さて次の日も例の二人以外誰も来なかった。
去る選手は負わねばと天馬は呼びかけのために施設の外へ出ていく。
剣城は自主練なので神童一人で二人のお守りをすることに。
ところ変わって場所は沖縄、大海原。
そこの新体操部員はTVのイナズマジャパン特集で偶然さくらを見かける。
…って部員には知らされてなかったんかい!
inazuma0602-12.jpg
寂しさを微塵も感じさせない彼女らの態度から、
・さくらは部員内であまり良く思われていない様子(そりゃ髪色から浮いてますしおすし)
・最悪の場合、今後イナズマジャパンの疫病神に(?)
・恒例の可愛いモブキャラ×3
・ヘタすれば次回の本気感想絵で描かれる可能性アリ…ということが分かる。
inazuma0602-13.jpg
ボクシングの話題を出す天馬に苛立ちを見せる鉄角、
自分に関する悪いうわさを聞いた天馬との接触を避けたがる九坂、
誘う天馬に対し「居ても居なくても同じだから」と拒否する森村、
 いてもいなくても同じなら来ても別にいいじゃない!
超次元サッカーは計算で攻略できるから面白くない抜かす真名部、
 誰かこいつと円堂さんを引き合わせる人はおらんのか?
超次元選手は感情と仕草で見抜くことが出来るんだと言い張る皆帆、
 誰かこいつとパーフェクトカスケイドを引き合わせる人はおらんのか?
三流のノーマルシュートを受けても立ち上がるドMキーパー井吹、
とにかく井吹君の熱血要素がかなり物語の清涼剤になってますね。
inazuma0602-14.jpg
葵は呼びかけに応じず落胆する天馬をさりげないアピールで応援する。
熱血な円堂を陰で見守る秋、落ち込みやすい天馬を積極的に支える葵。
このままだと葵と天馬が結ばれなさそうで怖いっす…(苦笑)。
話は変わりますが、若干ポトムリの言い回しが
水川マネジを髣髴とさせるのが個人的にかなり気になるのですが…
まさか、今ネットで話題な『水川=ポトムリ説』が体現される日が来るの!?
inazuma0602-15.jpg
次の試合まで三日後にまで迫っていた。
日本少年サッカー協会長:豪炎寺修也の元を訪れる神童。
しかし黒岩監督は一向に取り合ってくれない。
退出する神童と入れ違いに入って来た船木コーチは黒岩という男の危険性を訴える。
inazuma0602-16.jpg
彼に力を持たせればサッカー界がまた影に覆われると危惧する船木(と視聴者)、
そして光と闇を知り尽くしたからこそ彼が監督であるべきと豪炎寺、
鉄骨落としの異名を持つ男について知らない新規ファンと神童であった。
inazuma0602-17.jpg
イナズマ選手の聖地、鉄塔広場へ瞬木とさくらを呼び出す天馬。
ここは今は亡き円堂守が天馬に教えてくれた場所であった。
辛いいことや悲しいことがあったとき、ここに来れば気が安らぐ。
そんなことをあの人は教えてくれたっけ…いい人だったのになぁ。
嫌な事件だったね――死なすな。
inazuma0602-18.jpg
次の日、突然招集されたイナズマジャパンメンバー。
何と今から日本代表脱退試験が行われるそうだ。
しかし黒岩には秘策があるようで…?
ってか回りくどいことしないでさっさと新規メンバー加入させようよ。



inazuma0602-19.jpg
脱退試験。PK戦。
GKはどうなるんでしょう。
あとは特にありません。ただ…



kansou0602.jpg
飛行機に入れるぐらいなら是非ここは教授にお願いします!
イナズマダン戦が上位独占だけは阻止したいんです!!
ってかイナイレの感想記事に書くことじゃないねこれ…。






inazuma0602-20.jpg
人気投票の中間発表が楽しみですね…。
レイトンファンの底力見せてやりましょうよ同士の皆さん。
結局一番腹黒いのは、さくらでも狩屋でもなく自分なのかもしれません。

イナズマイレブンGOギャラクシー 第3話感想

inazuma0524-0.jpg
我々は、如何なる時も決して他国に屈してはならない。
たとえどんな権力を目の前にしても、どんな難題を突きつけられようとも。
これは、そんな日本人達の葛藤と成長の物語である。
今週も気ままに付き合っていただければ幸いだ。



得意なパワーとスピードで世界の強さを誇示する韓国チーム。
さて、記念すべきアジア予選の第一戦。
サッカーの神様が微笑むのはどちらのチームなのか!?
inazuma0524-1.jpg
では新OP最後の紹介に入ろう。
今回その存在が示唆されているのはこちらの5チーム。
一試合に大体3,4回費やすと考えると、
丁度日野社長の仰るイライラのピークである18話ぐらいかかる。
つまり彼らを全員倒した先に清々しい展開が待っている可能性があるのだ。
しかしゴツい選手が多いなこりゃ。別にこういう選手好きだからいいけど。

韓国側のスローインで試合再開。
こいつがどうしても髪を染めたレイ●ン教授にしか見えない。
inazuma0524-2.jpg
そのボールをカットし前線に上がる瞬木。
彼には経済面の援助を受けるため以外にも負けられない理由があった。
陸上部なのにサッカーの代表に選ばれた兄を馬鹿にされた弟の瞬が、
思わず近所の子供に乱暴を振るってしまったのだ。
紛れもない事実を言われ、反論の余地がなくなった結果力任せになってしまったたのだろう。
兄に抱き着き、悔しさを込めた口調で弟は兄に懇願する。
inazuma0524-3.jpg
「兄ちゃん、次の試合は絶対点入れてよね…!」
これを無視するブラコン隼人ではない。
しかし、その素人丸出しのドリブルに目を付けられ
ボールはあっけなく奪われてしまった。韓国側の猛攻が続く。
アニメ一回分一週間の練習で通用できる相手ではないのは当たり前か。
そして韓国選手のノーマルシュート。井吹はこれを止めるべく身構えるが、
inazuma0524-4.jpg
止めたのは神童であった。憤怒する井吹に目もくれない神童。
普通彼がブサメンならここで独裁系悪役ポジション決定なのだろうが、
生まれも育ちもブルジョア階級、更にイケメンとなるとやっぱり扱いが違うね!
世の中やっぱり銭と顔ですよ皆さん。
inazuma0524-5.jpg
神童のパスが天馬に繋がり、剣城と天馬の二人で攻め上がる。
しかしドリブル技のない剣城がボールを取られ一気に韓国のペースに。
何とかこれも神童が止めるが、戦力不足が見え見えだ。
その時、瞬木が協力したいと申し出る。
サッカーの出来ないことを認め、天馬達から教わりたいと言う彼。
これを天馬は快く受け入れる。神童は若干不満そうだが。
inazuma0524-6.jpg
走ることばかり気を取られる瞬木に天馬は
「ボールを確実に蹴ることに意識した方がいい」とアドバイス。
そこで瞬木はボールを前に蹴り出し、そうして出来た距離を己の俊足でカバーする。
言葉で書くと分かりにくいだろうが、まぁとにかくダサいドリブル。
でもスポーツ初心者の人って割とこういうのしますよね。
クラスメイトをその鈍足でドン引きさせ続けてきた自分もですが。
inazuma0524-7.jpg
この瞬木の姿を見て奮起するチームメイト。
さくらは新体操で得たノウハウを利用してボールを奪い取る。
余談だけど画像の右の子、マントちゃんとアー●アを足して割ったようだね。
さて、チーム一丸で対抗している…ようにも見えていたが
ここで問題が。誰も泥棒猫瞬木にボールを渡さずにプレイしているのだ。
inazuma0524-8.jpg
やはり原因は途中から指示を出し始めていた真名部にあった。
試合前の財布事件のことを根に持っているのだろう。じゃあ盗まれた(?)のはこいつになるか。
ここで韓国がまたもやボールを奪い取り、リ・チュンユンへ。
必殺技「ラピッドファイア」がゴールへ一直線。
これを受けたくて仕方のない井吹は神童を己の怒号で一瞬ひるませ、
その燃え盛るボールを止めようとするが…失敗。先制点を決められる。
inazuma0524-9.jpg
 (やった!これで逆転勝利フラグが立ったね!)
前半終了。コート内に流れる神童胃痛のテーマ

ここアイキャッチについて補足。
ニコニコで無料配信されている回をご覧の方はご存知かもしれませんが、
<水曜夜7時>→一枚絵+「世界のその先へ、新生イナズマジャパンGO!」
inazuma0511-0.jpg
<BS及びニコニコ>→上二枚Aパート下二枚Bパート+「イナズマイレブンGO ギャラクシー!」
inazuma0524-10.jpg
となっているそうです。…個人的にはBSの方が好きです。

ハーフタイム中、天馬は偶然出会った瞬木の弟達に
兄を仲間にしないことへの文句、そして兄の潔白を訴える。
そこに居合わせた兄に止められ弟達は引き下がる。
何か事情があることを察した天馬。
もうここまで話が進んだから…強制イベントの出番
inazuma0524-11.jpg
瞬木の父は昔家を出たっきり、母も病気で寝込む毎日。
ひもじい弟達のためにパンを盗んで逮捕された瞬木、
そして何度も脱獄を試みた挙句19年間もの監獄生活を強いられ
ようやく娑婆に出たが待っていたのは差別だらけの世界だった…。
以上の経歴を持つ瞬木に天馬は自分が大切にしていた銀の燭台を手渡し、
チーム内にはびこる偏見の芽を摘み取ろうと決心する。

後半に入っても瞬木は仲間外れにされ続ける。更に天馬も剣城もマークされてしまう事態に。
一方常にフリーな瞬木にパスするものは誰も無く…
inazuma0524-12.jpg
ここで突然光りだす天馬のキャプテンマーク。
天馬はここぞとばかりに大声でチームメイト達を問いただす。
試合中に何をやっているんだ、(お前も試合中に何やってるんだよ)
瞬木も仲間ではないのか、と。
 (そういえば剣城さんもGOで仲間外れにされた時期があったね)
この言葉にメンバーは心を動かされる。瞬木のパスを受け取りそのボールを繋いでいく。
inazuma0524-13.jpg
そしてボールは真名部へ。(またレ●トン教授が出て来て集中出来ないよ…)
ここで彼はその場の状況を分析し、最善のコースを導く。そう、瞬木隼人へボールを繋ぐのだ。
それから瞬木は天馬にパス、天馬は必殺技「ゴッドウィンド」。
inazuma0524-14.jpg
これに対し韓国のGKは昔懐かし「大爆発張り手」で対抗する。
 (無印世界編と若干掛け声が違うんですね)
しかし友情の必殺技には敵う訳もなく、イナズマジャパン同点に追いつく。
inazuma0524-15.jpg
もう一度チュンユンは必殺シュートを打つが、これを神童が新技「アインザッツ」で食い止める。
ちなみにこれは音楽用語で『歌い始め、演奏し始めのフレーズ』という意味。
しかし既に雷門の反撃の旋律は既に奏でられ始めていたのだ!
inazuma0524-16.jpg
更に天馬の新技「Zスラッシュ」からの剣城の「デビルバースト」。
ここでジャパンが追加点を決めたところで試合終了!

しっかーしまだ真名部は瞬木を疑っている。
そこで鉄角が着慣れないジャージのポケットにでも入ってるのではと指摘。
それを否定しながら真名部がジャージのポケットをまさぐると…
inazuma0524-17.jpg
あった。…これは後で真名部が総スカン食らってもおかしくないぞ。
鉄角に瞬木に謝るように脅され渋々承諾する真名部。
そしてポトムリと怪しげな会話をする黒岩監督。
更にユニフォームやスパイクが散らかった韓国チームの控室。
そこには謎の緑色の物体が…?
inazuma0524-18.jpg


ところで社長のツイートより。


「…それはひょっとしてギャグで言っているのか!?」
と思わず言ってしまいそうな内容だったんだが…。
いや確かにテンポ良かったけど、何かこう解せないんだよな。
イナギャラ3話の中では一番いいエピソードだったのは認めるけど、うーん。


inazuma0524-19.jpg
豪炎寺さんがまともに喋るシーン、ポジションを変える野咲、
本職に戻る井吹等気になるシーンが沢山出てきた。
あと次回の対戦相手も気になりますねぇ。



kansou0525.jpg
突然目の前を覆い尽くす数式を見て、某物理学者を連想。
しっかしまぁ彼の小物っぷりはいつになったら無くなるのだろう。
それとももうそういうキャラ確定?






inazuma0524-20.jpg

イナズマイレブンGOギャラクシー 第2話感想

inazuma0518-0.jpg
よくねぇ!
全然よくねぇよ!…だけど少しずつ希望は見えてきた。
日野社長は18話までイライラする展開があると言っていたが確かにドロドロだ。
でも一番イライラしてるのは――意外とあのわかめなんですよね。わかめ。



秋ねぇの応援と三国先輩最後の言葉「ワン」に応えるため、
天馬は元気よく合宿先へと向かっていった。

さて新メンバーもお披露目されたことだし、
今週はOPの中の新キャラ紹介シーンを抜粋して紹介しよう。
inazuma0518-2.jpg
背景には各選手の背番号が出ている。
ちなみに公式情報によれば最も注目すべきは瞬木井吹森村の三人。
一方他の5人にもそれぞれのドラマがありそうだ。
更に『ギャラクシー』と銘打ってあるからには相応の超展開を期待していいですかね社長…。

inazuma0518-3.jpg
さてお台場サッカーガーデンにあるグラウンドに入った天馬達3人組。
突然天馬の頭をサッカーボールが直撃する。
サッカーに不慣れな野咲さくらのミスだったようだ。
野咲の他にもメンバーは全員既に練習を開始していた。
コートの芝を抜く皆帆ドリブル練習にいそしむ井吹等かなり問題があるが、
…というか瞬木以外誰も練習らしき練習はしていないが
まぁ真面目に練習には来ているようなので初日にしては上出来だろう。

inazuma0518-4.jpg
ここで全員集合。アジア予選初戦:韓国戦までたったの15分間。
控えのいない今、このメンバーで特訓をすることが知らされる。
次にジャパンメンバーそれぞれによる自己紹介。ここでようやく
誰もサッカー経験者でないことが判明。更にスポーツ未経験者もいる。
この事実を目の当たりにした神童はストレスが募る。
挙句の果てには挙動不審な森村に強い口調で自己紹介を迫るという暴挙に出る。
アンタが一番の問題児だよ!九坂の兄貴なんてまだマシだったんや、たぶん。
inazuma0518-6.jpg
大人の事情で空野葵もマネージャーに加わり、さぁ特訓開始だ!
(基礎体力がないと必殺技に耐えられないしね)
やはり日頃から運動をしていない子には辛いみたいだ。
しかし残り10分間でどこまで上達できるのだろうか…

その中で比較的真面目に練習をしている瞬木。
まずはこいつから攻略せねばとばかりに積極的に声をかける天馬。
inazuma0518-7.jpg
徐々に円堂さんの風格を匂わせている天馬だが、そんなキャプテンを信用できないでいる瞬木。
最初の攻略対象はかなりの曲者なようだ。

次に基本的なボールコントロールの技術を磨く。
これは足でボールを扱う新体操の経験者である野咲が様になって…
 たけどやっぱり蹴る動作になると素人同然だった。仕方ないか。
でも最初にしては結構できてるんじゃないのかな。
inazuma0518-8.jpg
最強イレブン波動でも通用しない超次元ボールを踏みつぶす九坂
剣城による容赦ないシュートに追いつこうとする井吹
今後の成長が気になる選手も出始めているようで少しは安心かな。

さて練習も終わり、選手達は宿舎へ。そこで待っていたのは管理人のおばさん。
名前は蒲田静音。葵曰く皆からは「おばちゃん」と呼ばれているらしい。誰に?
天馬達の部屋割は掲示板に書いてあるようだ。
inazuma0518-9.jpg
おばちゃん「ちなみにナゾになっているよ!」

神童に呼ばれた天馬は剣城を入れた三人で影山のもとへ直談判。
ただ潜在能力を引き出せとしか言わない黒岩監督に神童は腹いせにこう提案。
神童が守り、天馬がボールを繋いて剣城へ渡してシュートする。
確かに今までGKがザルだったしどうせあんたら3人優遇されてるし、
今はお国の名を背負って戦わなきゃならない世界大会の真っただ中だし、
そう考えてもおかしくないんだろうけど一人解せぬ男がいた。
inazuma0518-10.jpg
自主練習で来ていた井吹がこの会話を影で聞いていたのだ。
他のメンバーと違って努力している彼自身にとって
今の神童の暴言に我慢ならなかったのだろう。じゃあ何故ドリブルしてたんだ。

憤慨する井吹にぐうの音も言わせないようにしてやろうと
神童はフォルテシモで井吹とボールに八つ当たり。
inazuma0518-11.jpg
しかし井吹は笑顔で「いいねぇ、もっと来いよ!」
イナズマの世界においてドMとは有能GKの証。こいつ成長しますね。
ドMなGK見るたびにゾクゾクしますよおいらは。いいねぇ。

一方外で個人練習している瞬木を見つけた天馬。
陸上で生かした俊足を生かしたいと言う彼にサッカーが上手くなる極意は楽しむことだと説く。
確かに潜在能力の高い彼らが好きになれば強力な戦力になる。
そう考えるとやはり今回の黒岩監督の人選は間違っていないのかもしれない。
森村?マスコット枠だろJK。いやむしろデブ枠がいないのがショックだよ!
しかし親切な天馬とあまり関わりたくなさげの瞬木であった。

韓国戦の要注意人物はFWのリ・チュンユン。
inazuma0518-12.jpg
ここで抹茶ソフトだのナノダヨ眼鏡の名前を出したら
後でお姉さんが君の家に行っておしおきしてあげるからちょ~っと黙ろうね。

チュンユンの俊足からボールを守るためにマンツーマン練習を始める。
inazuma0518-13.jpg
今のところ才能のつぼみの見えかけな一部の選手以外まだ期待は出来ない。
運動と無縁の生活をしている人間なら尚更だ。
そして安心と信頼の井吹フルボッコ。もうこいつドMキャラでいいよね?

練習に励む選手達の中、天馬と組んでちょっと楽しそうな瞬木の元へ
彼の弟二人がやって来る。雄太(左)と瞬(右側)…あれ?名前おかしいんだけど。
inazuma0518-14.jpg
応援に来た弟二人を前に兄貴を褒めるというフォローをした天馬。
彼が去った後、雄太は兄に「兄ちゃん以外たいしたことないね」と耳打ち。
それをたしなめながらも「大人には上辺だけの関係が大事なんだ」と諭す兄。
(これ個人的今週の格言ですね。日本人ならではの名言と言えるでしょう)
この兄弟黒い。具体的に何があったか分からないが、かなり面倒な家庭のよう。

そんなことはいざ知らず、瞬木含む新メンバーを信じる天馬の思いも虚しく
神童の不振をぬぐうことは出来ずにさぁ韓国戦。
inazuma0518-15.jpg
割と全体のテンポはいいのにチーム内の空気は濁っていく一方。

それに追い打ちをかける様に何と試合直前にトラブル発生。財布の盗難が起きてしまったのだ。
こうなるとただでさえ「ズブの素人(by神童)」の集まりだったのに
更にチーム内の結束力が下がってしまう。さてどうしたものか。
そして容疑者は瞬木。過去に同じようなことで逮捕された経歴の持ち主だとか。
inazuma0518-16.jpg
ここは皆帆の言う通り物的証拠がない以上彼を非難するのは場違いだ。
しかし前科があるという事実がある以上、あまり気分がいいものではないね。
実は弟達が兄貴の真似してやっただけだたりして…。

と同時にもう一つ事実が明かされる。
新メンバー全員何らかの報酬目的でジャパンに入ったのだとか。
ここで新キャラ達を批判したら剣城君の批判にもなるのでスルー(兄さん的な意味で)。
inazuma0518-17.jpg
黒岩にも他国のスパイだとか八百長とか色々疑われている模様。
そんなぁ…勝利しか眼中にない影y黒岩さんに限ってそんなことは…ね?

韓国戦開始。開始直後にチャンユンにボールを奪われてしまう。
何とか神童が止めるものの、井吹との間の溝は深くなっていく
inazuma0518-18.jpg
どうなる韓国戦。
瞬木は弟たちを大きな家(報酬)に住まわせられるのか?
井吹は才能を開花させることは出来るのか?
九坂は無事にボールを潰さずプレーが出来るのか?



そしてEDの1シーンも紹介しておこう
inazuma0518-20.jpg




inazuma0518-21.jpg
井吹の守備、そして瞬木の攻撃。
これら二つが試合中に完成されなければ勝ち目はない。
でも予選だから別に負けてもいいよね?
ただとにかく女子の風呂シーンが無いのが残念でならないっす



kansou0518.jpg
大きな家建てようとしたり財布盗んだりロボットで倉庫壊したり
エロガーに荷物崩させたり海賊達を蒸発させたり…色々大変な瞬木君ドンマイ。





信助「やっぱりキーパーはマゾヒストじゃなきゃいけないんでしょうか?」
inazuma0518-22.jpg

イナズマイレブンGOギャラクシー 第1話感想

inazuma0511-0.jpg
やっぱり初回ですからね。綺麗に始めたい。
そういうわけで内容は比較的落ち着いた感想絵無しという初回限定仕様!
(本当は先の読める展開だったからネタあるわけないんだけどね)
それでははじめていきましょう、天馬達の世界への挑戦の始まりはじまり…。



ズラリと並ぶ選手達。
兵頭の後ろに隠れているであろう南沢を始め、懐かしのメンツが見られる。
ゼロはどこよりも少ない10人。シュウの抜けた穴は大きかったのでしょう。
inazuma0511-1.jpg
かつて死闘を繰り広げたホーリーロードスタジアムは今では普通のスタジアム。
ここに集められた選手達は、日本代表選考のために来ていたようだ。
我が校の応援に来た二軍とマネージャー達。
何と葵は大幅なイメチェンをしたようだ。この後もっと化けるけどね。
inazuma0511-2.jpg
内心自分が選ばれるだろと思いながらはしゃぐ天馬と信助。
この二人をからかう剣城、たしなめる神童も心の内では驕れていたに違いない。
三国さんをシュートを入れられる前提で話す神童マジえげつない。
inazuma0511-3.jpg
そして、メンバー発表の時刻は刻一刻と迫っていた…。


一方スタジアムの裏で二人の男が密談を交わしていた。
まずこの男、ムリ。ゲームでも謎めいた存在であった彼。
inazuma0511-4.jpg
いつか正体が明かされる時が来るのか…?
そしてもう一人は今回のイナズマジャパンの監督:黒岩
黒岩流星…一体何山零治なんだ…?
inazuma0511-5.jpg
視聴者に数々の疑問を残しながらもいよいよ代表発表。
いや最初から決まってるのならそいつらだけ呼べよ。
大海原とか地方の中学生に関しちゃ旅費が馬鹿にならないんだから。
余談ですがおいらの中学では、遠征があるたびに資金集めで
よくアベックラーメン売ってました。おいしゅうございました。
五木食品 アベックラーメン 175g×20個入り (1ケース)五木食品 アベックラーメン 175g×20個入り (1ケース)
()
万糧米穀

商品詳細を見る



さて選ばれる選手は11名。(控えは後々補充すると思われる)
その11名とは…とここでネタバレOP
このブログでは公式のように無粋な真似はしたくないので省略。
今後数週に亘ってピックアップして紹介していこうと思う。


松風天馬:超楽天家なコロネ属性主人公補正の持ち主、
神童拓人:胃に穴が開くたびに泣く実質上のヒロイン(笑)、
剣城京介:デレて以来空気っぷりに拍車がかかってしまった悲劇の英雄。
この三人以外は誰も知らないような選手ばかりだ。
inazuma0511-6.jpg
これを見た解説者の松木安太郎松居安二郎は新しく選ばれた選手たちに期待を寄せる。
(知らん選手が多いんだから無理しなくてもいいのにね)
こうして選ばれた11人、突然親善試合を命じられる。
その相手は勿論帝国学園!
inazuma0511-7.jpg
懐かしいBGMと共に登場した装甲車から出てくる帝国選手達と監督の鬼道。
この展開を傍観者の立場から楽しむ川みのりマネージャー。
彼女の正体も気になるところだが…。
ちなみに社長曰く「夏未っぽいキャラ」だそうです。
inazuma0511-8.jpg
そして開始前に公表された新ルール。
化身及びその関連行為の禁止。今までのGOの歴史は何やったんや…。
でも無印からのファンなら、逆に大歓迎ではないのでしょうか。
それに選手間のパワーのバランスも取れるのでちょっと楽しみです。
inazuma0511-9.jpg
しかしまぁ化身&オーラを持たない狩屋の嬉しそうなことと言ったら。
さてそんな日野社長のご都合主義を基盤としたルールで、
選手達は一体どんな能力を開花させるのだろう。


試合開始。
神童は選手たちのボールを繋ぐために神のタクトFI発動。
しかし突然目の前に現れた火柱に全く反応しないジャパンメンバー。
inazuma0511-10.jpg
当たり前だ。
連携プレーがまさかこんなに危ないものだとは初見が知るわけないです。
それに女子に至っては更衣室がそもそも違う。
予想はしてたけど色々面倒くさいことになりそうだ。
神童の胃の状態も悪化し始めるし。神童泣きべそBGMかかってくるし。


さて今回選ばれたメンバーで雷門以外の8人を紹介しよう。
まず迫ってきたボールを見事に交わした天才ボクサー鉄角
inazuma0511-11.jpg
反射神経が高いから、逆にどんなボールにも反応できるというのは強みか。
ちなみに中の人は狩屋とかスマート同じだから驚きだ。

次に陸上部の超速少年瞬木
inazuma0511-12.jpg
風丸さんだって陸上部出身だから何とかなるさ。
初期天馬とポジションが被っている気がしなくもないが…。

次に動物好きな設定らしい少女村 好
inazuma0511-13.jpg
そもそも運動部入部経験なしで試合(争い)を好まない漫遊寺生徒がなぜここにいる。
この後の扱いの良さから察するに、かなりキーパーソンなのだろう。嫌な予感しかしないが。

いつも人のよさそうな笑顔を浮かべる問題児久坂
inazuma0511-14.jpg
何と5つの学校を束ねる不良のボス。飛鷹さんかよ!
更にキレると暴力を振るいだす曲者のよう。ザナークさんかよ!

天才の集まる栄都学園出身の理系クン真名部 一郎
inazuma0511-15.jpg
いわゆる数学オリンピック日本代表レベルの頭脳の持ち主。
ここは是非同校の生徒達から技を盗んでほしいところ。

ノリノリ中学の少女はここまで体がノビノビをしていたぞ さくら
inazuma0511-16.jpg
新体操を得意としているらしい。森村と彼女が今回選ばれた女子選手。
早くも多くのお兄さん達をメロメロにしているようだぞ。

優秀な刑事を父に持つ推理マニア 和人
inazuma0511-17.jpg
かの名探偵シャーロックホームズのごとく、初対面の選手の全てを見破る。
頭脳派は神童、真名部と結構いるからこの先どう役割分担するのだろう。

しかしここまで全員サッカー経験無し
サッカーが全てと言われたGO1期の設定なんてどうでもよかったんや…。
しかし化身やミキシマックスの無い新ルールを考えると、
それぞれ違った才能を集めた方がいいような気もする。

そして最後にを素手で止めやがった少年 宗正
inazuma0511-18.jpg
バスケと全然違う球技にここまで対応できるとは…素質がある。
たぶん三国さんや信助以上、劉備以下といったあたりか。あくまでも劉備さんは譲らない。

…以上サッカーとは無関係の人生を歩んできた8名の少年少女達。
inazuma0511-19.jpg
仕方なく三人で協力し合い何とか1点は取り返すものの結果は10-1。
最悪の出だしとなってしまった。でもこの試合の流れ…無印2話っぽくね?
この展開を見て、今まで練習してきた信助は涙目。
inazuma0511-20.jpg
しかし化身やアームドに頼ってもザルなピカチュウよりは、
結構強い通常必殺技持ちの三国さんの方が役に立つ気もするけど。
こうして後味の悪い中、帝国のエース御門からガッカリだと言われ
とうとう涙腺崩壊して泣き出す神童。今回は流石に同情に値する。
inazuma0511-21.jpg
ってかいつかシードってことで追い出されてた御門の復活においらビックリだ。
この状況を見てきた鬼道と豪炎寺は、黒岩の作戦の意味が未だに分からずにいる。
鬼道は心の読めぬ相手黒岩…いや影山を眺めながら熟考するしかなかった。
inazuma0511-22.jpg
この黒岩、どうやら「円堂」という人物と繋がっているそうだが
一体円堂何なのだろう。神童の胃の穴と謎の目立つ初回でありましたとさ。
inazuma0511-23.jpg
そして社長一押しのマーティ・フリードマンのギターソロ。カッコいいね。
カラーズにしては葵と緑だけってちょっと寂しい気もするね。
ここはさくらちゃんや水川さんとか出て欲しいのにね。
では、今回はここまで。



inazuma0511-24.jpg
1話最悪、そして2話で暗雲立ち込めたら
この先どんな展開が待ってるって言うのさ!
社長がツイッターで18話までシリアスとか言ってたからこのあと17話…
一体何人の視聴者が視聴をやめてしまうのか。
一体何人のブロガーが更新やめてしまうのか。
おいらはこの先真面目にブログを書けるのか。



inazuma0511-25.jpg
プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。