グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > イナギャラプレイ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第三十四回:九重の鎖

今までで一番集中した試合かもしれん。
アニメで描かれた部分以降のストーリーに関わる内容です。
ご覧になられていない方は一度見ておくことをお勧めします。
もし差支えなければコメントにて感想・ご意見・アドバイス等宜しくお願いします。
そろそろタイトルのネタが付き始めてきた。


アースイレブン(81)vsシンメトリーズ(26)
前半 2分 アフロディ
前半 4分 アフロディ
前半 8分 ベータ
前半10分 ベータ
前半15分 はくりゅう
前半21分 はくりゅう
前半31分 ごうえんじ

後半 2分 はくりゅう←きなこ
後半 8分 ごうえんじ
後半12分 ベータ
後半17分 ベータ
後半23分 ベータ
後半28分 ベータ
後半30分 ベータ


では今回最大の目玉であるノナプルチェインに挑戦した事について。
シングル、ダブル、トリプル…と続き9つめを指す言葉である「ノナプル」
要はフィールドにいる11人のうちGK一人を抜いた10人がボールを繋いで点を取る。
この時起点となるロングシューターはチェインの数に入れないので
当然チェインする人数は九人になる。
これが今回の目標であるノナプルチェイン。
某日、これ出来たら凄いよねぇと何の気なしに妹に話したらやれと命じられた。
流石に無理だろ…と思いながらチェイン可能な選手を掻き集め(ギリギリ集まった)
キズナグッズ目当てで選んだチームと戦ってみる。
ただ記録ミスのため最初にシュートした人は書けなくなってしまった。
大体黄名子かベータかガンマがやってくれたと思うよ。
アースイレブン(78)vsヘアークリップス(20)
前半 7分  はくりゅう←天馬←ジャミ←豪炎寺←レイトン←チョキ
前半17分 はくりゅう←剣城←天馬←豪炎寺←レイトン
前半25分 つるぎ←レイトン←てんま←ゆら←ジャミ←さくら←チョキ←ごうえんじ
前半29分 アルファ←てんま←つるぎ←ごうえんじ

つるぎが蹴った後グランドスイーパーでブロックされそうだけど何とか突破出来たぜ。
…さて後半戦に入って、とうとう達成しちゃったんだよこれが!!
後半 9分 まずは黄名子の焼き餅スクリュー。
HNI_0152.jpg
次にジャミのあびせげり!
HNI_0158.jpg
さくらのマーメイドスマッシュV4!!
HNI_0154.jpg
ごうえんじの超ファイアトルネード!!!
HNI_0163.jpg
てんまの超マッハウインド!!!!
HNI_0170.jpg
チョキのドラゴンクラッシュ!!!!!
HNI_0169.jpg
はくりゅうの真ドラゴンブラスター!!!!!!
HNI_0149.jpg
レイトンのダイナソーブレイク!!!!!!!
HNI_0145.jpg
ゆらのサイドワインダー!!!!!!!!
HNI_0157.jpg
最後はこの男、アルファのシュートコマンド03V2で〆。
HNI_0165.jpg
後半12分 アフロディ
後半17分 ざなくろう
後半27分 つるぎ


味方選手がチェイン、または相手選手がブロック出来る範囲を現す
シュートレンジのことを考えると一列に並べるより、あらかじめゴール前で
たむろさせた方が良かった方が分かった。でもただ寿司詰め状態にするんじゃなくて
そこそこ間隔をあけて余裕のあるシュート体勢を取れるように心がけよう。
しかし蹴る方向やフォーム等バラバラなのによくお前らボール繋げられたよなぁ!
play34.jpg
そもそもここまでの大人数のチェインを提案したの妹なんだよな!プンスカ
万が一この先ネタが無くなりそうなら…ちょっと趣味全開のアレやりたいな。
アレって?教えるわけないでしょ。
スポンサーサイト

第三十三回:ただいま地球

新要素多過ぎて使い道がホントに分からん笑えない。
アニメで描かれた部分以降のストーリーに関わる内容です。
ご覧になられていない方は一度見ておくことをお勧めします。
もし差支えなければコメントにて感想・ご意見・アドバイス等宜しくお願いします。

他の惑星をあちこち訪れたけど、スカウト条件がまだ揃いそうにもないから地球に戻る。
そう言えば過去に行けると聞いたけど何処へ行くんだっけ…と
ほぼ全てのエリアに行き、ようやくその場所が雷門中の駐車場であることを知った。
妹「こういう時に攻略サイト様頼れよ」←そ れ だ!でも遅い。
駐車場へ行くと突然空からイナズマTMキャラバンが現れた。
その中から飛び出したのはクロノ・ストーン編でお馴染みのワンダバ大監督(自称)
ここでフェイが飛び出そうものなら姉妹二人でフルボッコにされていたはず…。
ワンダバは耳寄りな情報を持ってきてくれた。何とこれからは
選手と選手のオーラを融合させる『ミキシマックス』が可能になるという!
九坂.。oO(ってことは森村とミキシs…おっといけない)
つまり男女でミキシセッ○スが出来るんですね!?セッ○ス万歳!
円堂さん、是非ここは夏未さんか秋さんか冬花さんのどれかで挑戦しましょうよ!!


下ネタは置いといて、その上TMキャラバンに乗って過去の雷門中へも行けるそうだ。
実際に行ってみたのだが…このマップが想像以上に広かった!
何だこれは、このマップだけで何時間も遊べそうだなぁ。
というか女の子可愛い子ばっかりでどれも自分の嫁にしたいぐらいドゥフフ。

ゆら君
ひとやなぎ君
あべしま君
もうり君
モーカ君
たまだ君

しおりちゃん加入

あ、あと宇宙港のゴンドラからファラム王宮へも行けるんだった。
ここは色々面白い選手を揃えているコミュニティがあったり
王女様の私室に入って好き勝手出来たりと面白い場所なのだが
如何せん廊下が毎回長いし部屋が無駄に広い。ロイヤルな場所だから仕方ないのだけど。
クリアしてからが本番のレベルファイブ、流石クリア後が無駄に充実している。

金の鍵を入手したお陰で金の宝箱を開けることが出来るようになった。
化身及びソウルの覚醒書を幾つか貰えたのだがどうしても使い方のコツが分からない。
オーラ名人とかミキシマックスとかの活用法も未だ不明なことばかり。大丈夫なのか?

白竜の化身が零式になりました。おめでとう白竜!
HNI_0139.jpg

コインガチャ裏路地にて15×10の結果。
ガチャの結果は毎回別の場所にもメモしているんだけど、一応ここにも書いておく。
銀・キックプラス30
橙・ドラゴンクラッシュ
赤・たんれんシューズ×2
金・イカサマ!
金・ダークマター
橙・むらびとシューズ
虹・ロングシューター
橙・せきへきのシューズ
赤・ザ・タイフーン

同じ場所で1枚ずつ5回。
黄・マッハウィンド
青・バウンサーラビット×4

そして5枚×5回。
赤・たんれんシューズ
黄・みんぞくシューズ×2
橙・むらびとシューズ
橙・伝来宝刀
…何故今更少ない数で賭けたかというと、一部何色のカプセルか覚えていないものがあって
そのため抜けたデータを補うためにやらざるを得なかったという事だ。
まぁデータをとっても何の得にもならないのは見えているけれど。


アースイレブン(80)vsハチマキバンズ(25)
前半 1分 アフロディ
前半 4分アフロディ
前半 6分ベータ

後半 3分ベータ

クリア後の対戦ルートでの試合について。
同じチームの結果を何度も表示するのは面倒くさいので、
特別な事件だったり、ハイレベルチームが相手だったりしない限りは
書かないか、このような表示でやってみようかと思っている。

最後に第二十七回にてバグによりノーゲームとなった因縁の相手、バトルアーミーとの一戦。
相手選手一同「勝手に因縁つけられても困る」
アースイレブン(81)vsバトルアーミー(24)
前半 1分アフロディ
前半 3分ベータ
前半 6分ベータ
前半 8分ベータ

後半 2分ベータ


DFをゴール前に集めてシュートブロック狙い続けたので結構特典が少ない。
シュートブロック第一人者の称号を貰うまで続けたよ。
play33.jpg
いやぁ何か九坂君が思いの外、ファン補正抜きにして本当に使えるね。
ファウルが出ないバトルの時は基本彼だけ使っているよ。(つまり試合では…?)

妹「次回・・・レイトン教授、フィールドに立つ

第三十二回:牛頭愛づる姫君

あばよ、ダチ公。
アニメで描かれた部分以降のストーリーに関わる内容です。
ご覧になられていない方は一度見ておくことをお勧めします。
もし差支えなければコメントにて感想・ご意見・アドバイス等宜しくお願いします。



話によれば、実はもう一度ラスボスと戦う必要があるみたいだけど、今はスルー。
やっぱり最初に地球に帰って懐かしい仲間達とサッカーでもしようかと列車に乗り込むと
そこには何故か打ち捨てたはずの憎くて汚い姉の姿が!?


…残念だったな、ゲームの指揮は今後もおいらが取らせてもらおう!
新たな対戦ルートの解法、噂のガチャ星人登場…クリアして一気にやることが増えた。
では最初にサザナーラの可愛い女の子達をスカウトしに行こう。
イケメンを集めたい妹を何とか黙らせ行き先はサザナーラ。
妹が来る前に操縦席に消えたはずのピクシーがいた気もするが気のせいかな。
暫く順調に航行していたと思っていたのだが、急に列車は暴走し制御がきかなくなる。
妹「やっぱりお姉ちゃんを連れて来るんじゃなかった…」
いや、ここは乗り物に乗るたび悲惨な目に逢っているレイトン教授達が怪しいぞ…
と犯人捜しをする間もなく、おばちゃんが衝撃の事実を皆に告げた。
今自分達のいる場所の座標が「宇宙には存在しない」ものなのだ、と。
これは多元宇宙の迷宮に迷い込んでしまったのだろう。
じゃあ犯人はアイツだ…レイトン教授、確か知り合いに灰髪の物理学者がいるだろ?
そいつがタイムマシンの研究に失敗したせいでこんなことになってしまったんや。
ルーク「確かに、それなら納得がいきます!」
レイトン「ディミトリー、あの時の誓いを破り捨て、クレアの事も忘れ
      今度は宇宙全体のシステムに干渉しようと言うのか…!」

レミ「話がずれてる、話が飛んでる」

到着したのは星の残骸が集まって生まれた正体不明の惑星、ロストギャラクシー
その辺にいた選手達とバトルしながら(じーさん!?)、奥の扉へ向かう。
固く閉ざされた扉の前でぼーっとしていたらピクシーがパッと現れた。
ピクシー!生きとったんかワレ!!ピクシーに誘われおいら達は
ワープゾーンの一つにやって来ると急に目の前が明るくなった。

――平民出身のサージェス・ルーグは武闘大会の決勝まで勝ち進んでいた。
何故大会の司会をダクスガンがしていたかについては触れないでおこう。
彼は角のある甲冑を身につけ戦っていたため、『ウシ頭のサージェス』と呼ばれていた。
まだ幼きカトラ姫の見守る中、王宮の騎士団に入るために懸命に闘うサージェスだが
力任せな戦い方が裏目に出て追い込まれてしまう。諦めかけたその時
自分から牛頭の甲冑を拾い、サージェスにそれを手渡したカトラが励ましてくれたのだ。
これで目覚めなきゃ男が廃る。その後大逆転勝利を収めたサージェスは
念願の騎士団に入団するのだった――


こ、これは…まるでザナークのようで座名九郎のようだが彼ら二人とはまた違う…
非常においらの好みの男じゃないか!やだ何あの人カッコいい!!
しかもロリを守るために騎士になると決めたのか、全く素晴らしいことだ!
妹「どうせ中の人で好き嫌い決めてるんだろ?」
いや違うさ、好きになったキャラの中の人が偶然一致していただけだから…。
この後もピクシーの見せる記憶の断片を我々は目の当たりにすることになった。

――平民出身のサージェスは最初団員の間では疎まれる存在ではあったが、
彼のフレンドリーな人柄のお陰か次第に周囲の人間と打ち解けていく。
数年後のある日、カトラの父である国王が世を去った。
父の死を嘆くカトラを熱く励ますサージェスだったが次第にその語気は弱まり
しまいには姫の面前であるというのに、大声を上げて泣き始めてしまう。
突然の出来事に驚き言葉も出ないカトラだったが、そんな彼女には目もくれず
サージェスはいつまでも、まるで幼子のように泣き続けた――


純粋な心を持つ熱血漢、非常にストライクです!
妹「これでスカウト出来なかったらお姉ちゃん死ぬかもしれないな」
何だかんだ非常に惹かれるんだよこういう男に。いやぁビッグバン選んでて良かった良かった。
万が一スカウト出来んかったとしても悔いはありません次の話に行きましょう。

――既に「1000人斬りのサージェス」の異名を持つ彼は
入団してから数年のうちに騎士団長の位にまで上りつめる程の武人となっていた。
サージェス率いる騎士団は長きに渡る戦争を勝ち抜きキエルを統一。
そのお陰で自分の即位式執行が決定したというのに、カトラの表情は暗かった。
彼女は悩んでいたのだ。果たして戦争を終わらせるための手段は戦争だけなのかと。
その後サージェスは騎士団数名と魔物討伐の目的で西の都へ出発する。
騎士団の事を案じていたカトラの元へ、知らせを告げに兵士が飛んできた。
何とサージェスが仲間殺しの罪で捕らえられたのだという…!
これは西の都の集落に住む倒した国の残党達が仕組んだ罠なのだろうとポトムリは推測。
カトラはサージェスの無罪を議会で訴えようとするが、
そもそもカトラにはまだ議会での最終決定権を持っていなかった。
カトラの訴えは聞き入れられ死罪は免れたが、結局国外追放を言い渡されたサージェス。
こうして彼はカトラとポトムリ、自分を慕う部下達に見送られ去っていった。
いつかカトラの身に危険が迫った時には必ず戻ってくると誓って――


ア、アニ…アニキィイイイイイイイ!!!
カッコいいよ、もうこんなに素敵なアニキがどうしてこんな悲劇に逢うんだ!?
部下達からも「アニキ」と呼ばれるんだぜ?それ程まで敬愛の対象になるんだぜ?
そのあんちゃんが、まさか仲間を殺したという濡れ衣着せられて追放させられるなんて
入団試験に合格した時、一体誰が予測してた?いや誰もいない。
妹「お、近くの装置(?)を潜り抜けたらキエルの王宮に来ちゃったね」
年始の一挙放送を見始めたばかりの頃は別に何とも思わなかったんだけど、
8話を見終えてからじわじわ分かったんだよ、アニキという存在の有り難さが!
何で死んじまった後に分かってしまったのかなぁ…残念だよ。
…と一通り思いのたけを吐露してたんだが何処だここは!
まるで外国の豪邸のようだがそれを取り囲む建物は古代の遺跡の様であり…。
あぁカトラ姫の住む王宮だったか。確かにポトムリが「地球はキエルに似ていた」
と言っていたのも頷ける。現代じゃなくて結構前の時代っぽい。
妹「まぁ科学に関しては今の地球を遥かに凌駕しちゃってるんだけどね」

まるでサッカーコートのような広場の中央にいるピクシーに話しかけると
最後の記憶の世界が現れた。さて、物語はどんな風に終わるのだろう?

――サージェスが去りし後、カトラは民の声を聴くため自ら城下へ赴くようになった。
危険を顧みず見回りをする彼女の姿はこれまで以上に頼もしさが感じられたが、
サージェスを失ったことによるショックや多忙故に心の余裕が無くなったことで
周囲の人々に笑顔を見せる場面が減っているのが問題だった。
突然、城外で鬨の声が上がる。
キエルが倒した国の残党が一堂に集まり、王宮へ攻め込んできたのだ。
激しい戦闘が繰り広げられる中、キエル軍の隙を狙い一人の兵士がカトラの前に躍り出た。
その首頂戴せんとばかりに男が王女に襲い掛かかろうとする。
思わず目を瞑りカトラがあの騎士団長の名を叫んだその時・・・・・・!
何処から飛んできたのかサージェス、敵を剣の一振りで吹き飛ばし窮地を脱する。
カトラとの約束をしっかり守ってくれたのだ。
更にこのまま全てを引き受けると宣言したサージェスは先頭の真っ只中に飛び降り
敵兵に囲まれる中、サージェスはカトラの理想と志を説き始める。
また平和を望むカトラは、敵が逃げ込んだ集落に食べ物を運んでいた事を熱く語る。
慈悲深き王女に厚い忠義を尽くし、彼女の為には死をも恐れぬサージェスの姿を見て
周囲の敵兵達は動揺する。そのどよめきは次第にサージェスを称える歓声へ変わっていく。
ところが、この後カトラがサージェスの元へ駆け寄ろうとするが
彼女の目の前でサージェスはその場に倒れ伏してしまう。
カトラ姫を守った時、既に彼は負傷していたことをポトムリは気づく。
しかしもうサージェスは助からなかった。
数週間後、悲願の惑星キエル統一が達成された。サージェス・ルーグの名は
キエルの伝説の戦士として語り継がれることになるだろう――


むせび泣き感慨に浸る間もなくピクシーが元のサージェスの姿に戻る。
周りの選手達は驚いているが…あぁここでサージェスとは初対面だったのか。
さくらは彼の事を「ちょっと」美形と言うが、彼女はキエルの男性が好みなようだ。
そんなちょっと美形のサージェスは、ここは記憶が吸い込まれる場所だと言う。
また剣城は別のピクシーを知っているから理解が早い。
そうそう、記憶…いや魂だけの存在になったサージェスもこの「記憶の墓場」なら
人間の姿になれると考えるべきだろう。さくら&神童「でも態度が軽いわ」
いや軽いんじゃない、気さくな兄貴と呼べ。これでも結構強いんだぞ!たぶん。
でもそんな彼だって色々悩みはあるだろう。例えばカトラ姫の事だ。
惑星キエルの唯一の生き残り(と言うとかなりえげつない設定だなこりゃ)である彼女を
ピクシーの姿で守り続けるにはちと無理がある。代役が必要になるのは当然のこと。
サージェス「だからこそ松風天馬…」
おいら&サージェス「君にその役目を託したい!」
天馬「工工エエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエ工」
大丈夫大丈夫、勿論一対一で真剣勝負するとかそういうんじゃない。
お前の大好きなサッカーで勝負してくれるから安心していいよ。
じゃあアニキ、お手合わせ願います!

…と言ったな、あれは嘘だ。
この後レベル99で挑んだのだが、2-1で負けたのでリセットせざるを得なかった…。
あ、でも失点時のサージェスの声聞けたから収穫0って訳じゃなかったのかも!
play32.jpg
次回からも更新する感覚がかなり空くけど、許してくれるよね?




妹「ねぇこれの続きあるの?」

第三十一回:クリア後の総評

前回までの(物理的にも)クサい話は無かったことにして。
アニメも見たし、ゲームもやったし…一応ストーリーはクリアしたので
このイナズマイレブンGOギャラクシーという作品全体の感想を書こうか。


そもそもレベルファイブ、いや日野晃博。この男は話を無駄に壮大にするのが大好きだ。
彼にかかればそこら辺にありそうな遺跡もただのサッカー少年も
手の平サイズのロボットでさえも「世界を支配できる」存在へ仕立てあげてしまう。
このお約束が好きな奴だけがこの会社の作るゲームを愛せるのかもしれないってぐらい
超次元なこのパターンがお約束になっている訳で。おいらも好きな人間の一人。

さて超次元の中でも特にこのイナズマイレブンは最もおかしい(※褒め言葉)シリーズだろう。
只でさえボールが炎を纏ったり、ゴールキーパーの手から巨大な光手が現れたりするだけで
十分超次元だというのに(ここまでは他のトンデモサッカー作品と同じレベル)、イナイレでは
サッカーを使って世界征服を目論む輩が登場する。今回のGOギャラクシーでは
あくまで戦争を回避し、平和的な解決法として掲げられたサッカー大会も
結局は宇宙戦争をするための道具にすぎなかった。おのれオズロック。
イナズマイレブンシリーズを締めくくるには最高の終わり方だったと思う。

勿論無印から遊んできた人々にとっては不満の残るものだっただろう。
シナリオもGOになってから面白みが薄らいできたという意見が沢山あるし、
化身、ミキシマックス、ソウル…と新要素が次々出ていた割には、
選手達のパワーのインフレ化を起こしただけだった。またソウルは逆に
正直使い勝手が悪すぎると感じた人だっているのは想像に難くない。
おいら自身、何か違うよなぁと思うことも多々あった。

では何故最高の終わり方と書いたのか。これはあくまで想像の話だが、
イナギャラは日野の目線から見ていい出来だったのではないのだろうか。
いや、大抵どの作品も日野にとっては良い物ばかりで(グギャーは無かったことにする)
シリーズ作品においては徐々に進化し続けているとでも思っているに違いない。
ユーザー目線に目覚めたかと(おいらに)思われた妖怪ウォッチでさえ
2では前売り券やグッズの品薄状態、暴走する転売屋…等問題が後を絶たない。
それでも、どんなに批判を食らっても、日野は割と平気なのだ。
彼の歩んだ道に残ったのが屍の山しかなかった某機動戦士ガソダム揚げでさえ
日野にとってはいい経験だったらしいじゃないか。自分は揚げは見ていない。
しかし大体察することは出来る。彼がいかにワンマンだったかを。
全く懲りないねぇ、この人。

話が脱線してしまった。つまり自分が言いたいのはこれだ。
ゲームでは次々にヒット作品を出して調子に乗り、色々方向を誤った新作を出す。
普通ならここで見捨てられ路頭に迷うのだが、そんなこと知るかと新しいアイデアを出し
それがまたヒットして…後始末せずに次々自分のしたい事を実現する――
こうやって仕事が出来る彼が凄く羨ましいし尊敬しているのだ。
いつもはこうして恨み妬み嫉みをツイッターやブログで吐き散らす自分だが
本心では、一応応援しているし今の所見捨てる予定はない。
だからイナギャラの評価をイナイレらしい終わり方と書けたのだろうね。
今まで自分何を書いてたんだ。全く訳が分からない。
ま、話の脱線なんてこのブログじゃよくあることだし許してちょ。

とりあえず褒めたから、日野さん次は全く新しいジャンルのゲームを出して。
それがもしもレイトン教授の続編だったら、おいらは凄く嬉しいのだけれど。

第三十回:グラタンは宇宙の隅で

イナズマイレブンGOギャラクシー42、43(その①その②)話相当の内容です。
リンクから過去のイナギャラ感想の記事へ飛べるようになっています。
まだアニメをご覧になられてない方は、参考程度にどうぞ。
もし差支えなければコメントにて感想・ご意見・アドバイス等宜しくお願いします。


まぁ第一回で自分のプレイヤー名をタイトルに入れてしまったし、どうせなら最終回は…ね。

前回とうとうミッションクリア出来ずに敗北してしまったアースイレブン。
もう一度オズロック達と戦うことにする。これがアニメだったら宇宙滅んでた。
inazumaGO0726-0.jpg
アースイレブン(75)vsイクサルフリート(45)
前半23分 またたぎ
前半29分 OG
前半29分 OG
前半29分 オズロック
前半30分 オズロック

ったくイベントの時に写真が取れないってどういうことですかね(バンバン。
妹「知らんわ。次こそはちゃんとクリアしてもらわないと困るよ?分かってる?
知るか。その前に腹ごしらえだ。腹が減っては戦は出来ぬ。
妹「何もしてない癖によく言うわ。でもこの蒸かし芋美味しいね」
最近ララヤの後ろ姿が連なった芋に見えてきたもんで、芋が食べたくなったのさ
妹(実はミネルの顔がジャガイモに見えていたってことは黙っておこう…)
決勝戦をプレイしていた頃、そして今でも蒸かした芋は最高のおやつ。

さて腹ごしらえも終わったことだし、今回はもう手加減しないメンバーを揃えてみよう。
ギャラクシーイレブン(75)vsイクサルフリート(45)
FW:リュゲル、ジュニア、ガンダレス
MF:アフロディ、ヒラリ、ベータ
DF:ウルミ、黄名子、ポワイ、バルガ
GK:信助
控:白竜、ガルシャア、豪炎寺、マヨン、ロンガ
こんな感じにしたのだが、果たしてこのメンバーで無事相手の点数に追いつけるのか…?
後半11分 ガンダレスのスクリーム・オブ・エデン
後半15分 ガンダレス(ソウル)のスクリーム・オブ・エデン
後半22分 きなこ(アームド)のファイアトルネードTC
二度目の挑戦でやっと同点、そしてイベントキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
死んだ魚の様な目でゲーム画面を覗いていたおいらの目が輝きだす!
皆さん、やっぱり化身はソウルより強いですよ。
試合が再開されるとデスピナのマジックアンプがゴール目がけて撃ちだされるが
信助は化身アームドのぶっとびパンチでボールを押し出し化身は即解除。

オズロック「クッ…!ソウルも使えぬ分際で!なぜここまでやれる!!」
信助「たしかに僕にはソウルはない…だけど僕にはみんなから受け継いだ想いがあるんだ!
   それは一人のソウルよりもずっとずーっと強いんだ!
    だから負けない!ゴールは絶対割らせない!!」

全くもってその通りだ。所詮ソウルなんて化身技に比べればあまりにも脆い。
残念だったなオズロック!化身を笑った罰として化身の報いを受けるのだ!!
いっけええええええええええええっ!!!妹「急に元気になってやんの…」
でも試合に集中しすぎてブログ編集用の写真を撮るの忘れたぁ~。
これじゃあネタが集まらないじゃないか…。
これから一体どうなるんだ。後半も先程終わってしまったというのに。
オズロック「この試合、延長戦を行う!!全ての決着をつけるまで戦うのだ!」
あははははははははは。てめぇ本当に鬼だな。どちらかが滅ぶまで試合だぁ?
諦めの悪いラスボスだこと。じゃんけんで負けた奴が「実はこれ三回勝負」と言うぐらい
みっともないったらありゃしない。というか疲れたよパトラッシュ。
妹「お姉ちゃん下手だけど、流石に前回はイベントがあるせいで負けてたよなぁ」
たぶん勝てる。でなきゃブログの編集してない。

アースイレブンメンバーと助っ人達の中から新たなギャラクシーイレブンメンバーを選ぶ。
FW:剣城、天馬、座名九郎
MF:白竜、九坂、信助
DF:森村、ウルミ、黄名子、
GK:井吹
控:リュゲル、ガンダレス、ベータ、ヒラリ、アフロディ
流石に総力戦と言ってるのだからまた大量得点イベントが来るわけはないだろう。
順調にアドバンスゲージをためていく。残念ながら点こそ取れなかったが
次のイベントへ繋げることが出来た。オズロックの激しいチャージのせいで
天馬は頭を強く打ってしまうが審判は仕事をする気配が無い!仕事をしろよ審判!
レイトン「八百長をする審判と言えばこんなナゾがあるよ」
inazumaGO0726-1.jpg
【ナゾ003 毒薬の決闘】※問題文やっぱり原文と変えてあるよ
二人の男1、2が自分の水差しを置く。
その後、審判役がAかBに毒薬の入った水差しを置く。
計三つの水差しを一回ごとにどちら側でも隣り合った水差しに
毒薬を移しかえていく。そして55回目に毒薬が注がれた方がそれを飲む。
あなたが審判役で、ひそかに1を勝たせたいとしたら
AとBのどちらに毒薬をおくといいのだろうか。
ルーク「これは55回という回数に、何か秘密があるんですか先生?」
レミ「あ、分かりました。でもこれ今までのより結構簡単じゃ問題ですね」
まぁ延長戦に入って色々緊張しているんだろうけど、ここは肩を抜いてほしいんだよ。
いつも通りやればいいんだよ、特にチョココロネみたいな髪形のキャプテンは!
瞬木「せやな」
さぁ天馬のソウルが覚醒だ!なんと「ペガサス」のソウルだ!!
妹「天馬の遺伝子の中には空想上の生き物の魂が眠っているのかぁ。凄いなぁ」
しーっ!そこは黙っていてあげよう。天馬君ファンに怒られちゃうぞ。
瞬木「さあ!アンタの嵐・竜巻・ハリケーン見せてもらうぜ!」
妹「うわぁ、ベンチからわざわざ出てきてあんな発言するとか恥ずかしいわー」
inazumaGO0726-2.jpg
あっ!確かに座名九郎さん出したさに瞬木をメンバーに入れてなかった。
てんまは延長戦前半9分、名前を言うだけでも恥ずかしい必殺技で五点目追加。
ここで延長前半終了。神童と皆帆を入れ替えて最後の戦いへ挑む。
大量得点イベントが無くても、相手の持つ必殺技を強くするだけで
十分試合は白熱したものになると思うんだ。ね、そう思うでしょう?
だから延長後半開始してすぐにソウル出すのやめてくださいオズロックさーん!
ソウルのレベルが最終レベルになっているとかどういう事なん…。
失点しちゃったらここは取り返そう、頑張ってくれ白竜さん!
はくりゅう、化身技のホワイトブレスの圧倒的なパワーで同点に追いつく。
すると天馬達の体からライフエナジーが溢れだして来た。
これはおそらくおいらと妹を省いた全宇宙の人々の思いが現れ出たのだろう。
天馬が皆を率いたけども実は拠点は剣城、そんな究極シュート技の「ジ・アース∞」
これを折角覚えてくれたのはいいんだけど、剣城TP殆ど無いからもう降ろすね。
まぁ点を入れたのが後半13分だったからそんなの関係無かったけど。

こうして、7-5で無事オズロックの魔の手から宇宙を救い出したおいらだった。
オズロック「なんでや…何で俺達が負けたんや…」
レイトン教授と二ノ国しかレベルファイブのゲームをやっていない人間が、
ミネル「という訳でオズロック、あんたらをこの後裁判にかけるが…存在末梢は免れられんぞ」
いざイナズマイレブンのゲームをやるとどうなるか…これのナゾを解明すべく
オズロック「あと少しで宇宙を…この手にできたというのに…」
今までこうして遊んできたわけなのだが、これにて一応本編終了となる。
天馬「いや、つかめたさ!皆で未来を掴みとったじゃないか。これからやり直そう!(ゲス顔)」
アニメ感想からこのプレイ日記を読んでくださった人、時間を無駄にさせて申し訳ない。
オズロック「やり直すとか言う前に俺達は全部無くしたから復讐を決めたんだぞ!」
アニメ感想は見ていないけどプレイ日記だけは読んでくださった人もありがとう。
天馬「(とりあえず詳しい事情はスルーして)復讐して何になるのさ!前に進まなきゃ!」
もしイナズマイレブンに興味が無かった人がこれでもし興味を持ってくれたら嬉しい。
??「こいつを殺した時にやっとおれの人生が始まるんだッ!」
それにこのブログで紹介している別のアニメが気になって下さったらもっと嬉しい。
??「悲しみや憎しみは誰かが歯を食いしばって断ち切らなくちゃ駄目なんです!」
とにかくこうやって書いてきたことが訪問者である貴方にとって、
??「でも僕達を蔑んできた人類は淘汰されるべきなんだ!」
何かのきっかけになってくれたらブロガー冥利に尽きるよ。
??「これはヤツとあたしひとりの問題だ」
レイトン「復讐?そんな事よりナゾトキやろうぜ!」
ミネル「兎に角やる事やっちゃったししゃーない。こっち来てさっさと裁かれるべきだ」
そーだそーだ!戦犯達はさっさとやっちゃえやっちゃえ~!!
inazumaGO0726-3.jpg
ララヤ「じゃあF・Oがオズロックの星を滅ぼした罪はどうするのじゃ?」
いやぁレベル上げてもラスボス戦には苦労しましたよ。
ミネル「それは過去のことで…(主にあんたの爺さんやドノルゼンがやった事なわけで)
ここまで苦労したんだからオズロック達は殺さないとしても何か思い罰を与えよう。
ララヤ「そうじゃ、みんな過去の事じゃ!だから、おあいこにすればよいのじゃ」
…はぁ!?あいこで済むなら今までおいらが苦労してきたのは何だったんだ?
妹「まぁ良いんじゃないかな。どうせF・Oは根っこから腐りきってる訳だし」
つまりオズロックがF・Oの政治に携わることでF・Oを内側から壊せと?
妹「そして互いに納得がいくかたちで国をまた築き上げればいいんだよ」
同感ですな。ロリ王女と社長のことだし、何度も話し合いを重ねれば何とかなるだろうさ。
戦争が終わった後の価値観で戦争そのものを裁くこと自体どうかと思うけど…。
妹「それ以上言うと現実の問題も巻き込む可能性があるからやめよう」
すまんすまん。とにかく今こうして武器を奪おうとしたオズロックは悪であり、
サッカーしている間に相手選手を念力で苦しめたアレとそれを指示したアレも悪なわけで…
そんなわけでラスボス攻略完了ナゾ解明!でもラスボスもう一度倒さなきゃ(白目)。

こうして最後に選手一人一人に声をかけていく。
剣城、お前は途中から剣偽になったから使う気失せて空気だったんだよなぁ。
戻ってきたのはいいけど妙に強くなりすぎてそれもそれでつまらんかったけどね。
瞬木は…こいつあまり使ってないな。必殺技の強さがどうもイマイチで。
座名kア! ギンガノハテノォ ソノマタハテデェ ユウショウシタルハァ チキュウダイヒョウノセンシタチィ~!
ギンガノテッペン ミオロセバァ ナガメハ センリョウ オクマンリョウ~。 イヨッ ゼッケイカナ ゼッケイカナ~~!

森村さんはチートだった九坂メインとなる試合ではあまり活躍出来てなかった
ロングシュートという武器のお陰で雑魚戦では凄く役に立ったもうこの二人は結婚しろ。
信助はウザい部分があったけれど、元々努力家だったお陰か兄貴分なキャラに
色々可愛がられた印象が強い
だろう。井吹も千宮路もだが、レベルが高いせいで
あまりゴールキーパーに活躍の場を与えられなかったことが残念。
…あ、でも失点イベントの時目立ってたから別にいいか。
あと野咲さくら本体は好きとか嫌いとかは分からんが、あの立ち位置ってのがたまらん。
ギャグアニメによくある「やや黒い感情を持ったツッコミキャラ」っていいよね。
それと凸凹さが愛らしいは大好きです、妹が。

では残るはコズミックプラズマ光子砲でブラックホールを消すことのみ。
ポトムリの指示通り、竪琴のフレームに溜まったライフエナジーを取り込むため
サッカーボールの大きさのスフィアを天馬は竪琴のある高さまで蹴り上げた。
アニメ感想ではボール状のものをライフエナジーだと思ってたけど違うみたいだね。
これで光子砲発射の手はずが整ったかのように思えた。
しかし多量のエネルギーに耐えられなくなったせいでフレームが壊れ
スフィアに蓄積されたライフエナジーが会場目がけて落ちて来たではないか!
や、やっぱりレベルを十分上げてなかったから…たった85レベルだったし。
こうなったら全員で蹴っ飛ばせアースイレブン!教授達もその他控え選手もよろしく頼む!
inazumaGO0726-4.jpg
天馬達13名その他数名はタイミングを合わせ一斉に宇宙空間へ押し出そう…とするが
妹「どういう事…まだ何かが足りない…。私も協力すべきだったのかな?」
だったらお前もさっき蹴ればよかっただろ。こうなったらやむを得ない。
代わりにおいらが最後に止めを刺してやろうじゃないか、ジャ~ンプ!!
妹「な、何をする気なんだこの馬鹿姉は!」
たかがボール一つ、おいらだけで押し出してやる!!一人大きな球体を両手で支えた。
妹「この姉…本編のシナリオ変えるだけでも物足りないのか…!?」
その通り、しかしそもそもおいらに腕力が無い。おおっと手が滑ったぁ~!
妹「背を向けてどーする、背を!」
いや背ではない尻だ。これが究極奥義、その名も『ど根性プッシュ』――
ブボボッ    妹「臭ぇ」


ファラム・オービアスと地球そしてイクサルの選手達のサッカーに対する熱い思い、
惑星キエルの科学、また全宇宙にすむ人々の希望が集まった結果、ブラックホールは消滅。
そして自分に課せられた使命を果たしたポトムリ、二匹のピクシーは消えてしまったよ。
影山のジジイがまだ生きてることは気になるけれど、これは次回作の伏線なのかな?
エンディングの上画面ではファラム・オービアスから帰る天馬達とイナGOの歴史が、
そして下画面では可愛く動き回るちびキャラ達の様子が映っていたよ。
まぁこういうのはゲームをやり終えた人間が味わうべきだから詳しく書かないけど。
ってか私ゲーム全然やってないんだけどね!
inazumaGO0726-5.jpg
ところで頭脳派コンビがアニメでは無かった絡みが色々あったらしいよ。
二人のカップリングが好きな私としては満足かな。イベントあまり見てないけど。
最初から最後までゲームやってる本人が好き勝手に進んでいるのを放っておき過ぎて
最後は凄く汚い終わり方になったのは身内として反省。もう駄目だね、この人。
次回からはクリア後要素をやったり気ままに対戦ルートに挑戦したり…
色々自由にやっていくと思います。頑張って見てね!

一方その頃、ファラム・オービアスのスラム街にあるゴミの山で目を覚ます問題の姉。
見れば体中何者かに殴られたような跡。自分をこのような状態にしやがった犯人と
仲間達と一緒に乗るはずの列車を探しに歩き回るが、手掛かりは全く残っていなかった。
空には満天の星。おいらは結局一人ぼっち。
play30.jpg
そして最後を飾るのは妹。本当ならアースイレブンを描くつもりだったんだがな。
本人曰く「天馬達は今まで死ぬほど描いているんだから、そろそろいいだろ」。
まぁ妹たっての希望だから仕方ない。ってかお前このゲームに何も関わって無いじゃん。

次回からはクリア後のストーリー&おまけ要素に挑戦した結果を。
まぁ更新するペースは遅くなるだろうけど、よろしくね。
プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。