グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > ★★☆☆☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ガンダム Gのレコンギスタ

ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2014-12-25)
売り上げランキング: 2,804
軌道エレベータであるキャピタル・タワーを警備する組織キャピタル・ガードの
候補生であるベルリ・ゼナムは、ある日モビルスーツ(ガンダム)を操縦する
海賊舞台の少女と出会う。アイーダ・レイハントンと名乗る彼女の出会いが
地球内外の人々の思惑入り混じる戦争へと発展していくのだった…。


「機動戦士ガンダムシリーズ」は人型兵器のガンダムに関わる人々の戦いを描いた
誰もが知る長編シリーズである。そして今作、通称Gレコは緩やかな科学の進歩と
祖先達が残した文明の発明によりもたらされた平和を享受する地球が舞台であり
…そして自分が始めて見た「ガンダム」のアニメである。

監督が「今の子供達に見てもらいたい」と熱く語ったことがネットで話題になり
それだったら子供並みの知能と幼児並みの精神年齢を兼ね備えた自分でも
楽しめるんじゃないかと思い最後まで見たわけだが…えっと…これがガンダムですか。
置いてきぼりを食らい続けたような感覚だ。予備知識を得たうえで見たのだが
よほどのマニアじゃない限りは無しについていけないんだろうなと思った。
となると次の世代に伝えたいと言う作り手側の目標が達成できてない気がするのだ。
ファン以外お断り、と最初から教えてくれれば見ないで済んだものを。

ロボット(と言うと『これはガンダムだ』とお怒りになる方々がいらっしゃるのは本当だろうか?)同士の戦いや
主人公を取り巻く世界は非常に興味深いものであったし
自分はロボアニメは基本見ないがあくまで視聴優先度が低いだけであって
嫌いでもないし、むしろ好きな作品だって幾つかある。
それでもこの作品を楽しめなかったのはシリーズの持つ空気に慣れられなかったのか
または偶然見たこの作品との相性が悪かっただけなのか…真実は分からないが、
このアニメだけを見て判断するのなら、あまりいい評価は与えたくないのが本音である。

そもそも初回から登場するキャラクターが多過ぎなのだ。
群像劇というのは基本アニメの1話で2,3人ほどのキャラを軸に描くため
話が殆ど理解できた状態で次のエピソードへ移るのだが、これは一気に10人位出ては
わちゃわちゃ会話して(これも登場人物本位のセリフになっているので外野である視聴者にとって
簡単に理解できない内容なのだ。さも当然のように新出の専門用語使うし
)、
その後カッコいいロボの戦闘が繰り広げられ「あ、これは面白くなるか?」と思ってたら
また登場人物がドッと出る…の流れが繰り返されるので自分の脳味噌のキャパは
とっくに限界を超えているのだ。説明セリフばかりはくどいが、
作り手側だけにしか分からないような会話劇の方が一視聴者としては辛いのだ。

いやそれだったらガンダム知らないお前が見る事が悪いじゃないかという意見も分かる。
でも明らかにGレコで初めて登場する地名、組織名、機体名等々についての
詳しい情報を与えないままお話を続けられるのはどうかと思うんだよ。
これを子供向けだと言い切れる人は余程自分の作品に自信があるのだなぁと思うが
そもそも深夜に放送しているアニメのターゲットを子供にするのは無理がある。
大人の事情で深夜にしか放送できなかったのなら話は別だが
果たして朝夕に放送できたとしても今の子供が理解できるかどうか…。
キャラ一人一人のエピソードを掘り下げる事に力を注がないから愛着が湧かないし
派手な戦争をしても多くの戦闘員に緊張感が感じられないし
その上根本的な問題が解決しないまま主要人物は散り散りになるわけで。
これがガンダムの真髄なら、ブランド力に視聴者も製作者も頼り過ぎでは?
やっぱり第一作から見るべきかな。
スポンサーサイト
[ 2015/04/30 21:21 ] アニメ ★★☆☆☆ | TB(0) | CM(0)

天体のメソッド

天体のメソッド 1(特装限定版) [Blu-ray]天体のメソッド 1(特装限定版) [Blu-ray]
(2015/01/28)
夏川椎菜、豊崎愛生 他

商品詳細を見る
都会から離れた場所にある霧弥湖町には霧弥湖という湖がある。
ある日、そこの上空に突然巨大な円盤が現れた。
始めは円盤に恐怖と期待の入り混じる視線を送っていた町の人だったが
円盤が何の事件も起こさず留まり続けていたことで次第に興味も薄れていき、
今では単なる観光スポットとしか見なさなくなっていた。
そんな中父親の仕事の都合で東京から引っ越してきた中学生・古宮乃々香は
不思議な少女ノエルと出会う。彼女は乃々香との再会を喜んでいるようだが
乃々香には幼い頃の記憶はあまり残っていなかったのだ…。


円盤の浮かぶ霧弥湖周辺に住む少年少女達の交流を描く。
7年前に一緒に遊んでいた子供達が成長し再び同じ場所に集う。
しかし時の流れは残酷だ。それぞれの生活環境や心境の変化、断片的な記憶が
すれ違いや対立を生むことで手放しでは喜べない再集合となったわけだ。
普通のドロドロなドラマとは違い、円盤…つまりUFOの存在が
この作品の特異性を生み出している。またノエルの登場をきっかけに
少しずつ各々の隠していた秘密や本心が露わになっていくのである。

そしてその人間ドラマが、見事に狙いを外れている気がするのだ。
まぁノエルが円盤と関係あるのだろう、そして彼女は主人公達グループの間にある
わだかまりを無くしたいのだろうというのは、内容を見ていれば
誰もが何となく分かるだろう。しかしそれの答えの明かすのをもったいぶり
無駄な喧嘩やビンタ、プロ意識のある市民団体さながらのデモ行為(ただし一人)、
解決しても今度は別の負の感情が湧いて簡単に仲直りしようとしない…という
見ていて苛立ってばかりだったんだよね。ノエルの可愛らしさで何とか
中和しているようにも見えるが、彼女に思い入れが出来るような演出が無いので
やっぱり不愉快な気分になるんだよ。色々ネチネチしすぎているからこそ
解決する時はスッキリしたいものだが、その方法が無茶だったり
「その程度で喧嘩別れした友達と仲直りできるものか?」と疑問に思ったりで
作り手が感動させたいのは分かるけど、納得いかないんだよ。

完全に視聴者舐めてる。プロ市民子とヘッドホン少女おいら嫌いだ。

さっさと仲直りして楽しくノエルと暫く遊んでいたら別れの時間が来る。
そして感動の別れを終わらせ、子供達はそれぞれ新たな旅立ちの時を迎える…
みたいなシナリオでいいだろというかそっちの方が断然いい。
無駄な尺を使っている場合じゃないと思うぞ…と書いてみたけど
脚本書いたのsolaの原案者か。何となく納得できるな。
[ 2015/03/25 21:58 ] アニメ ★★☆☆☆ | TB(0) | CM(0)

PSYCHO-PASS サイコパス2

PSYCHO-PASS サイコパス 2 VOL.1<初回生産限定特典/スペシャルイベントチケット優先販売申し込み券> [Blu-ray]PSYCHO-PASS サイコパス 2 VOL.1<初回生産限定特典/スペシャルイベントチケット優先販売申し込み券> [Blu-ray]
(2014/12/17)
東宝

商品詳細を見る
新しい部下が加わったことで一係のメンバーは一新される。
引き続き常守朱は監視官として事件の捜査に当たっていたが、
逮捕された犯人の犯罪係数減少、捜査中に行方不明になった監視官等
不可解な出来事が立て続けに起こる。現場に残る「WC?」のメッセージ。
シビュラシステムに迫る新たな犯罪者を常守は探していくのだったが…。


1期から一年半後が舞台。1期を見ずにこのページを開いた人のために
ネタバレを回避した内容で書こうと思う。ちなみに劇場版も公開されているが
自分は都合が悪いのでDVDが出るまで見ない予定でいる。

さて本題。2期に入り一部スタッフが変わった状態でのスタートだった。
放送前に急いで2クール分を見た自分にとっては何か疑問の残る結果だったと思う。
そもそも犯罪者と警察の駆け引きをじっくり描くはずなのに
1クールは短すぎる!あと黒幕のキャラが薄いのも気になるところ。
いやその人物自身が悪いわけじゃなく、1期の黒幕さんがあまりにも
魅力的だったためであり…ここが続きモノの辛い所である。
黒幕以外にも一部キャラクターのウザさが目立った。
どうしても1期と比べてしまい、今回の欠点ばかりが思い浮かんでしまう。

勿論、ストーリーは破綻することなくシステムの問題点や正義の在り方、
様々なテーマを扱いながら劇場版に繋がる終わり方をしたのは評価すべきだろう。
でもそうなるとやはり気になるのだ。内容のエグさが。
前作でも割とグロテスクな展開が多かったが、その分続きが気になるような演出が勝り
グロ描写が気にならないような仕上がりになっていたのだ。
一方で今回の2期だが、大勢が血を流し苦しみ悶えながら死んでいくシーンばかり。
結局グロさで内容を水増ししている感じが合ってどうも好きになれない。
見ていて気持ち悪くなるような部分を抜くと実にアッサリしたものになるんだろうな。
自分達が半ば支配されるという管理社会の恐怖を描くべきなんだが、
終始視覚的なホラーばかりで飽きが出てきてしまう。

ビックリする出来事が起こること自体が嫌いな訳じゃない。
ただもう少し綿密に練られた仕掛けを楽しみたかっただけなのだ。
[ 2015/02/05 23:37 ] アニメ ★★☆☆☆ | TB(0) | CM(0)

失われた未来を求めて

「失われた未来を求めて」Blu-ray 1「失われた未来を求めて」Blu-ray 1
(2014/12/24)
寺島拓篤、高田初美 他

商品詳細を見る
高校生の秋山奏は天文学会の個性的な仲間達と校内で起こる様々な騒動を解決しながら
それ以外は何の変わりも無い毎日を過ごしていた。
ある日怪我をした奏が保健室にいた時に、校内に轟音が鳴り響き床が激しく揺れる。
急いで音のした方へ駆けつけた奏はそこで全裸の少女を見つける。
その少女はゆいと名乗り、初対面なはずの奏の事を知っているらしいが…。


18禁美少女恋愛ゲームが原作の学園SFラブコメディ。
突然主人公達の前に現れた正体不明の少女・ゆいが天文学会に入ることで物語が始まる。
文化祭前の準備と雑務に追われる主人公らの周囲では不可解な現象が次々と
起こるのだが、普通なら学生生活と関係ないはずであるこれらの出来事が
ゆいという存在を通してそれぞれ結びつき、徐々に謎解きが進んでいくのだ。

ただこの答えにあたる部分が、単純なようでかなり複雑。
専門的な単語がぽんぽん会話内に出てくることや、多くの伏線を次々回収していくこと、
限られた話数で多くを語らねばならない以上仕方のないことかもしれないが
それでも、やっぱり、ゲームをしていない人間にとっては分かり辛い。

本当はこの作品をもっと他の視点で紹介しなきゃならないのは承知している。
ただ紹介してしまうと、必ず先の展開をバラしてしまいかねないので
簡単な事しか書けないのが少し残念である。
一筋縄でいかない青春学園ラブコメという事だけはご理解いただきたい。
で、どの辺にSF要素があるかって?見れば分かるさ。

どう見ても違和感を覚えるキャラデザに慣れればいいのだけれど。
[ 2015/01/11 14:56 ] アニメ ★★☆☆☆ | TB(0) | CM(0)

白銀の意思 アルジェヴォルン

【Amazon.co.jp限定】白銀の意思 アルジェヴォルン 第1巻(初回生産限定版)(オリジナルデカ缶バッチ付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】白銀の意思 アルジェヴォルン 第1巻(初回生産限定版)(オリジナルデカ缶バッチ付) [Blu-ray]
(2014/10/29)
逢坂良太、大西沙織 他

商品詳細を見る
アランダス連合王国軍の新兵であるススム・トキムネ上等兵は
独立第八部隊に所属するトレイルクリーガー(人型機動兵器)の操縦士。
隣国であるインゲルミア諸国統合体との戦いの最中にトキムネは
民間企業のエンジニアの女性、ジェイミー・ハザフォードと
彼女が運んでいた新型トレイルクリーガー「アルジェヴォルン」と出会う。


戦局が一組の男女と一体の戦闘用ロボットによって大きく変わっていく様子を描く。
始めた喧嘩していたトキムネとジェイミーが次第に親しくなり
アルジェヴォルンに携わる者として共に成長していく姿が印象的だった。
また戦争が激しくなりトキムネのアルジェヴォルン搭乗回数が増えていくうちに
次第に戦争を見守る上層部の人間達の思惑やアルジェヴォルンの秘密が
分かっていく…というロボットバトルものでは収まらなくなってくる。
これをロボットアニメと定義するのはどうもしっくりこない。

というか操縦士が主人公のはずなのにアルジェヴォルンの出番が少なかった。
最初の頃トキムネは軍人であるというのに後先考えずに動くことが多く
ジェイミーも何故初対面の男を殴ろうと思ったか未だに謎だ。
ロボより人間関係を濃密に描きたいというコンセプトは理解したが
だったらもう少し分かりやすく出来なかったものか…。
自分はロボットアニメ特有の専門用語だらけの会話が苦手なため、
キャラクター同士の駆け引きや日常生活での何気ないお喋りが多い方が助かるのだが
ここまでつまらないとどこを楽しめばいいのか分からなくなるんだよね。
ジェイミーちゃんは可愛いけど。

戦争のごく一部分を切り取った形でのストーリー構成だったこともあり
ロボットの熱い戦いはそんなに思いつくほど無いし、
結局主人公達軍人はお偉いさん達に振り回されるだけに見えたし、
お偉いさん達だってラストは拳銃で撃たれてバタバタ倒れて行ったし
ロボットの必要性があまり感じられなかったのだ。
勿論「何故ロボットは人型である必要があるのか?」等という野暮な質問じゃない。
人型ロボットを動かすというのは男の子のロマンの一つだってのは十分理解している。
ただね、ロボット以外のもので戦争の決着をつけられたら普通に違和感を覚えるよ。

結局何がしたかったのかがよく分かりませんでしたよ。
[ 2014/12/31 15:03 ] アニメ ★★☆☆☆ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。