グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > 2012年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レイトン教授とロンドンライフ 感想

魔神の笛」クリア後の特典です。

※「MOT●ER」というゲームのスタッフが開発にかかわっていると聞きました・・・
、私はそのゲームを全く知らないので一レイトンファンとしての目線で書きます。

なにしろキャラが可愛い。
アバターは自分で作れます。男の子も女の子も作れます。

そして過去作全てをクリアした方なら2828必須の小ネタの数々。
また、お金を貯めて、買い物をして、幸せ度を上げる・・・の作業が楽しい。
小物も可愛いものから、カッコいいもの・・・はたまた小ネタ系のもの・・・。
住む家がどんどん大きくなっていくのを見るのは楽しいです。

そしてただ買い物をするだけじゃなく、住人からクエストを受けてそれをクリアすると、
ある一定のストーリーが進行していきます。ラストはお楽しみ。
まぁ、レイトン教授じゃよくある・・・(以下略)。
クリア後も新しいストーリーがあります。(自分はまだクリアしたばっかりですが。)

登場キャラは、レイトン教授等主なキャラの登場は少なめ
住人キャラを全て覚えていた人はレイトンオタクを名乗っていてもおかしくないチョイス。
ストーリーを進めたり、ある一定のパスワードを入力したりすれば・・・更に住人が増えます。

一時飽きたこともありましたが、こういうゲームはたまに気が向いた時にやりたくなるものですね。
そして一旦ハマれば中毒性が凄い(笑)。

もうこれだけでゲーム作っていいよ、なんて意見がちらほら見られますがまさしくその通りかと。
スポンサーサイト
[ 2012/03/28 21:48 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授と魔神の笛 感想②

では、これからネタバレしていきましょうか。
詳しいあらすじは、他のサイトや実際のプレイ等でお確かめください。

さてと、ストーリーに関してですが・・・
魔神の正体は、どーせロボットだろ?なんて思っていたら半分正解半分不正解(笑)。
ラグーシなんて巨大生物とロボットが取っ組み合いをしていた姿が魔神に見えただけだとか。
正直ラグーシは予想外でした。

そのラグーシが興奮したときにユラという少女が吹いた笛が「魔神の笛」だったというわけ。

で、伝説の魔神とラグーシってどんな関係があったんだろうか・・・。
ラグーシってメーメー鳴くというのに、教授が魔神に至近距離まで近づいても聞こえなかったし・・・。
ユラが自分のことを「白菜厄災の魔女」だと名乗っていたのは単なる思い込みだったし・・・。
何か・・・こう・・・解せぬ

只々トニーの演技と黒カラス団のメンバーに癒されていました。
ストーリーから感じる違和感等のストレスは皆ネズミ叩きにぶつけ続けたなぁ・・・。

特に最後の2章あたりの早足感が個人的に好きじゃなかったですね。やっつけ感満載の種明かしとか。
それになぁ・・・執事のドーランドさんが変装対象だったけど予想ついていたよ。
怪しさ大爆発だったじゃないか。黙って「・・・。」なんてフラグだよ・・・。
まぁ私の勘だったのかもしれないけどもさ。
でも別の面から見れば、最後の最後まで彼が怪しい根拠が語られない。
全部教授が内緒にしているんだよなぁ。直接プレイヤーには知らされないのだ。
困るんだよなぁ、そういうの。

あと、中盤以降に登場するジェイクス署長について。
なんですかねぇ・・・ビル・ホーク首相より物凄い悪役っぷりだ(笑)。
天を仰いで笑うシーンなんて鳥肌立ったよ・・・(悪い意味で)。
後で書くデスコールに小物扱いされた挙句の排水管へダイブシーンは残念だった。
いいように扱われた署長・・・息子さん(ゲーム中に登場)もそうですが、扱い酷いなこの人。
何とかならなかったのか・・・ホント。

では最後に黒幕、ジャン・デスコール
彼は仮面で顔を隠した自称「高き志を抱いた一科学者」(笑)。こいつもイタイ子だ。
ラストは思いっきり巨大メカで町を壊し始めます。
理由(要約):もうこの町には意味が無いから。←オイ!
何だか虚しいよなぁ。馬鹿馬鹿しくて。
ケガ人出さなかった分、まだクラウス程は酷いものじゃなかったけど。
そしてこの男。更なるおバカさを露呈してしまった。
そのメカ・・・水に浸かれば壊れます(笑)。
科学者なんだから、防水加工出来なかったのかい?・・・もう少し頑張ろうぜ。
最後に「自分はレイトン教授には絶対負けない!」なんて言い張って笑いながら逃走。駄目だコイツ。
負けない理由は今度への宿題・・・・か。、まぁお前のアホさには負けるよ、完敗だ。
だけど、若干可愛くもある。この感情はきっと、・・・・・・母性だな(苦笑)。
あまりにも哀れすぎるよ彼。もう少し理性を持とうか。
レイトン教授を勝手にライバル視しているどこかの科学者君の方がまだ愛らしくて、まともな思考回路だったかも。
あー、あいつが懐かしい^^
最後、彼は馬車に乗って(いつの時代の人だよww)どこかへ向かうシーンがあります。
執事さんとの会話から察するに、デスコールは何らかの理由で急いでいるそうで。
急ぐ理由が今後明かされるのかとプレイヤーを期待させながらストーリーは終わります。


かなりgdgdな文だになりましたね^^;
ごめんなさい、でもプレイすれば又プレイしたことのある人なら分かって下さるかも・・・?
[ 2012/03/28 00:15 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授と魔神の笛 感想①

最初に一言申し上げたい・・・。
このゲームは、「レイトン教授と不思議な町」から3年前の物語です。←これ大事。
なぜ重要かって?
ニコ●コ動画でアロマ出ないの?なんてコメントが絶えないんだよ!
(まぁ・・・実は今作アロマ、ちゃんと出ますけどね。あと映画も若干・・・。)



今回からレミという女性が教授のもとを訪れます。
教授が散々論文をため込むから、その補佐として来たのだとか(笑)。
流石教授、そうでなければ教授じゃない。

そして旧友クラークからの手紙通り、彼が町長を務めるミストレハリへ向かう二人。

その町には魔神伝説があり、その魔神が町を破壊するのだとか・・・・。
(今思い出した。イナズマイレ●ンを見て感じたデジャヴの原因が。魔神か・・・)

クラークの息子の少年が、魔神の出現場所を予言するそうで・・・そう、彼こそルーク

第一印象言っていいでしょうか?・・・暗い。そして厨二っぽい。
「どうせこの世界は終わるんだ・・・」だって。何だこのイタイ子は。
あーこういう過去があったのかルーク・・・。無いわぁ・・・。
そして一緒に調査するのかぁ・・・えーっ・・・親戚の子預かって一緒に遊ぶ方がいいわぁ・・・。

と愚痴をこぼしながらのプレイ。しんどい。

そんな自分にさらなる追い討ちが・・・レミ

元々彼女の声が気に食わないのも若干(?)ありますが・・・。
調査中に段々素直になってきて可愛らしくなったルークをいじるんだ、この人。
それもかなりのドヤ顔で。見るたびイライラがつのるからやめてくれレミさん・・・。

ネタバレは後半でまとめてしていきたいので、今回はシステムについて。



タッチすると教授たちのコメントが出るのはいつも通りですが、今回いいオチ(?)がありましたね。
ここで書くにはちょっと多すぎますので、ご自分の目でお確かめくださいませ・・・。
タッチと言えば・・・コレクション!!!これ凄くイイ!
ボーっとコレクションを眺めるだけでも楽しめますし、
それぞれの説明文が「手の込んだ手抜きの文」なんですよね・・・。
(おい、そこもうちょっと具体的に話せよwwww)みたいな。

そうですね・・・
あとはミニゲームはいつも通り「ルートを決める・言葉遊び・生態観察」の3つの要素が入ったものでした。
やはり自分には「ルートを決める」タイプのもの(今回はミニカー)は苦手なようだ。
それに今回、魚のゲームも難しい!!
なんだよ・・・もう人形劇しか攻略サイトなしでクリアしていない・・・。

それだけじゃなかった・・・。今回鬼畜ナゾがあったんですよ。
「レイトンからの挑戦状」のラストのナゾ。スライドパズルの話です。
(一部ネタバレのため反転)スライドパズル自体に云々文句を言いたいのではなくて・・・
唯でさえ難問なのに、そのパズルを解き終わった後
セーブ無しで更に難しいパズルを解かせるその姿勢は何なんだ!!!レベルファイブ!!
こっちは家族で1台のDSだから、セーブしておかないとダメなんだよ!?色んな意味で。


・・・という意味での鬼畜さ。もうこういうナゾが2度と出ないことを祈ります。
[ 2012/03/26 23:39 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授 2次創作小説について

小説、書いています。
現在10作品目。続編ものなので、初めての方は読まないことをお勧めします。

サイトは「ゲームの匠 レイトン教授 小説掲示板」。
現在更新中の作品から第一作目までを順に書いていきます。
ゲーム・小説・映画のネタバレが多いので、レイトン教授をよく知らない方は閲覧しない方がいいです。
自分の中で小説の整理がしたかったので、下に記載します。


・非日常なんて、嫌いだ。:http://layton.g-takumi.com/novel_detail.php?bbs_id=25035

・桜の指輪:http://layton.g-takumi.com/novel_detail.php?bbs_id=24961

・破れた誓い:http://layton.g-takumi.com/novel_detail.php?bbs_id=24896

・酒場にて:http://layton.g-takumi.com/novel_detail.php?bbs_id=24804

・100年に1人:http://layton.g-takumi.com/novel_detail.php?bbs_id=24748

・レンドウ教授と最行の時間旅行:http://layton.g-takumi.com/novel_detail.php?bbs_id=24710
(現在更新中の作品の前作にあたる。)

・賢いお金の稼ぎ方:http://layton.g-takumi.com/novel_detail.php?bbs_id=24708

・失敗の方程式:http://layton.g-takumi.com/novel_detail.php?bbs_id=24690

・永遠の勝者:http://layton.g-takumi.com/novel_detail.php?bbs_id=24645

・フラスコの中の紅茶:http://layton.g-takumi.com/novel_detail.php?bbs_id=24592
[ 2012/03/25 10:31 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授ロワイヤル その後

やめました!
メールがいっぱい来るもんで大変ですよ・・・
[ 2012/03/24 13:23 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授ロワイヤル

今さっき登録しました。
これからどうなるか自分でもよく分かりませんが、楽しんで参りたいと思います。

アドバイス等あれば是非コメントして下さい。

進行状況の報告は出来る限りしていきたいと思います。
[ 2012/03/24 00:18 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授ファーストシリーズ まとめ感想(若干私事含む)

・・・というわけで、
不思議な町」・「悪魔の箱」・「最後の時間旅行」の計3作が、このシリーズでいうファーストシーズンでした。

(ちなみに「さまよえる城」はシリーズに含まれません。
まぁ、公式ガン無視のぶっ飛び展開
・・・いやゲームとの間での設定の矛盾が多々ありましたので流石に小説は無いですね。
発売時期も食い違っていますし、サブストーリー的なものでしたし・・・。)

実は私は「悪魔の箱」発売日あたりに、クリスマスプレゼントとして両親から「不思議な町」を買い与えられたのが始まりです。
当時、両親はこのゲームが既にシリーズ化されていることを知らずに、適当に選んだものだったそうです。
結局、毎年クリスマスに新作を買いに行かされ、食卓ではレイトンの話にウンザリする羽目になったのですが。
(勿論犯人はです。後悔?なにそれおいしいの?)
※最近は自分の小遣いでゲーム等を買うことが多くなりました。

レイトン教授は元々、若い女性をターゲットにしたものだったそうです。
あまりゲームをしない客層が喜ぶゲームを考えて出来たのだとか。
(若い女性がゲームをしないなんて・・・今の自分を客観視したら到底思えない話だな。)
若い女性が飛びつく要素の一つが豪華声優俳優陣
でしょうね。そりゃ飛びつきますもん。
レイトン教授知らない友人に起用されている声優俳優の方々を紹介したら、皆驚いてましたよ。

西浦氏の音楽が素晴らしい。
今サウンドトラックを買おうと思っています(若干高いですけど)。
動画サイト等でのレイトン教授のBGMへの評価は高いですね。低評価が見つかりません(笑)。
(ニコニコ動画内では、ナゾBGMの時に阿鼻叫喚コメントが流れます。トラウマだもん仕方ない)
個人的なお気に入りは、「悪魔の箱」「最後の時間旅行」のテーマ曲。(本当はもっとありますが・・・)
悪魔の箱」のテーマ曲は一言で言うとイントロ詐欺
レイトン教授とアンソニーが戦うシーンで流れた曲です。
ここで詳しく書くとネタバレになるでしょうから、あまり書かないでおきます。
知らない人は是非動画サイト又はシークレットファイルに入っているミュージックファイルを。
最後の時間旅行」のテーマ曲はいい意味で滅茶苦茶
ロマ音楽(?)がアコーディオンの間に見え隠れしている感じが好きです。
ピアノ・バイオリンも後半になるにつれてヒートアップしてく感じがたまらない。
さまざまなメロディーが入り混じるっていいものですね。耳に心地いい。
実はこの曲を聴きながら今回の記事を書いています。
レイトン教授のBGMは作業用として素晴らしい音楽が多いですので、レイトン教授を知らない方でもお勧めです。

シナリオは・・・超次元なのはお約束だ・・・もう何も言うまい。
日●社長の脚本はかなりネットで叩かれているそうですね。(レイトンも例外ではありません)
彼が目指しているのは「ファンタジーとリアリティの中間」。
それに対し、「どっちかハッキリしろ」「ツッコミが追いつかない」等の意見が多いです。
自分はあまり偉そうなことの言える立場では無いですが(←今までのコメントは何だったんだよ)、
それらの意見は社長の目指すところに達した故の意見なのでしょう・・・。
すみません、正直に言いますと自分の知る限り他作品よりはマシな脚本だと思います

ファーストシーズンのストーリーの主題はズバリ
不思議な町」・・・ラインフォード氏とアロマの親子愛。
悪魔の箱」・・・アンソニーとソフィアの恋愛。
最後の時間旅行」・・・クレアとレイトン、ドン・ポール、ディミトリー達のおっさん三つ巴の恋愛、クラウス(笑)の親子愛
といった感じでしょうか。
恋愛話の苦手な自分でもすんなり楽しめました。


皆さん、隣の人を愛しましょう。
後で事件が起こっても知りませんよ?(ニヤリ)
[ 2012/03/22 18:05 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授と最後の時間旅行 感想③

前回、前々回の続き。
更に酷くなっているかもしれません・・・。


クラウスに関しては色々を許せないことが多いですね。
彼の後半の言動に何度プッツンしかけたことか・・・。
一番癪に障った言葉・・・ラスト、彼が逮捕されるときに言った言葉。(注意:うろ覚えです)


「レイトン先生、貴方ならまたどこかで僕を正気に戻してくれると思っていました」――



うん、それを世間では「他力本願」と呼ぶのだよ。
じゃあ君あれかい?もし教授が今回の事件に関わらなかったら全て教授の所為にするつもりだったのかい?
たとえそのつもりがなかったとしても、こちら側の人間が聞くとそう取れるよ?
で、結局逮捕されるときに今回事件にかかわらなかった教授達にこう言うつもりなのかい?

「レイトン先生、貴方ならまたどこかで僕を正気に戻すと思っていたのに・・・

ってな感じで。


期待しすぎだよ・・・たかが教授一人に。
そして振り返ってごらん。
君の後ろには、きっと沢山いるはずだよ。
かつての君のように、今回の不条理な事故で親を亡くした子供たちが・・・・!!!
勿論逆の方々・・・そう、愛する我が子を失った親もいたことでしょう。
あの時の教授のように恋人を失ってしまった人もいたことでしょう。
そんな遺族の方々の面前で、君の謝罪の言葉が気になる気になる。
「あの時は正気じゃなかった」と言っても流石に許すような人はいませんよ?
更に動機が「両親を失ったからその復讐のため」だなんて遺族が知ったら・・・・
「じゃあ両親を失ったらこんな事をしていい決まりでもあるのか!?」
・・・なんて批判が来たら、どんなに有能な弁護士でも裸足で逃げ出します。
だって弁護出来ませんもん。

クラウス相手にそこまで批判して委員会・・・なんて思われた方々。思い出して下さい。
彼がギミックタワーでロンドンの町に上がった時、既に日は落ちて・・・
「明かりのついた」高層住宅のひしめく住宅街が映っていたんだよ・・・・・
確実に・・・・人いたよね?
ってか、上がってきた地点で確実に多くの建物が壊れているはずよね!?
これからどうやって彼は・・・彼自身宣言した「罪の償い」をするんでしょう。
まぁ無理ですけど。命を懸けても無理ですけど!

今までレイトン教授では決して死人を出さないというポリシー(?)があると信じ、
どこか安心していた自分が完全にフルボッコにされました。
最後でまだ救われました。クレア綺麗だよクレア・・・。
何で貴女の消失の原因だけがやけにリアルなのかは置いといて。
あの黒幕への怒りと虚しさであっという間に荒んだ心を癒してくれるいいラストでした。


でもここまでクラウスを憎んだり、ロンドン市民に謎の感情移入をしたり出来たのは・・・、

やっぱりこのゲーム好きなんですね、私。
ナゾのレベル・クオリティは自分好みでした。

何だかんだ言って現在2週目挑戦中です(笑)。
本当はもっと前から何週もしたかったのですが、・・・クラウスのお陰でやる気が今まで出なかったんです。
自分の中で神(?)ゲー認定します。これは面白いです。

長々とお付き合い下さったことに感謝します。ではこれにて。
[ 2012/03/20 19:45 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授と最後の時間旅行 感想②

前回の続き。(100%ネタバレ妄想注意)
思いつくままに、気ままに語っていきますよ!


結局首相を拉致ってタイムマシン完成させるだけだったんですね!?
それにしては、地下にロンドンを作るなんてやりすぎかもしれない。
何なんだ?
だって完全なロンドンの再現は無理でしょう?・・・いや待てよ。
レイトン達の行動範囲が既に分かっていたらまだ規模は小さく作ったのかも。
だって、バス廃止してあったでしょう?
地下鉄が主な移動手段なら余計なものを見られずに済むし・・・
でも教授たちが大丈夫でも、今度は自由に動き回る住人達がなぁ・・・。
考えていけば考えていくほどドツボにはまるなこれは(笑)。

未来のロンドンが偽物だっていうことは、序盤から知っていました。
ご存知の方いらっしゃいますかね?
レイトン達が時計店を出たムービーです。
そこで時計店を見ると、建物自体が天高く伸びています。
まぁ地下にあるんだから仕方ないか。
教授たちは上を見上げる余裕すらなかったのでしょう。


話題変わって、今度は黒幕君。
クラウスがどうも好きになれません。ルックス以外。
親を事故で亡くすなんて、悲しいとは思います。同情もします。
しかしですね、だからといって彼を許す事は出来ません。絶対に。

まず、アルバトロ夫人です。
彼女は血が繋がっていないクラウスを、まるで自分の孫のように育て上げました。
(大手新聞社で働ける能力があるのですから、教育にも力を注いでいたのかも・・・)
相当彼を愛していたのでしょう。
彼女は死後、多額の遺産を残しました。
その遺産を・・・復讐に使うってのは・・・うーん、やはり親不孝では?
遺産を手にする前から計画していたのかそうでないのかは分かりませんが、
流石にそんなことに使ったら死んだ夫人が浮かばれません・・・。
同じ保護者の立場でである両親も然り。
「お前をそんな子に育て上げたつもりは無い!」・・・と言いたくなりますよ、きっと。
自分に子供がいたとして、もしそいつが復讐なんぞに手を出すなら速攻鉄拳を喰らわすでしょう。
教授のビンタなんぞ可愛く思えるくらいの・・・。




今回はここまで。では。
[ 2012/03/18 23:06 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授と最後の時間旅行 感想①

注意!
※個人的に思い入れのある作品のため、かなり愚痴感想が長いです。
※とある主要キャラの悪口意見が多いです。
※ちなみにビル・ホーク首相ではありません。
※私はビル・ホーク首相は割と好きなので、彼のアンチコメントは受け付けません。
※あらすじは省きます。よって初っ端からネタバレ入ります。



(以下全てネタバレ)
では最初に言わせて頂きましょう。
個人的には現時点で最高の作品だと思います。

・・・たった一つの(個人的な)汚点以外は。
クラウス・アルバトロ――すみません。彼、苦手です。

掲示板などをよく読むことが多いですが、クラウスファンが多いんですね・・・。
自分は苦手だと伝えると(後に自分の意見を受け入れる方であったとしても)、最初は皆相当うろたえます。
そんなに少数派なんですね自分・・・・。

ではクラウスが苦手な理由を書きますか。
あ、でも決して小●旬さんが嫌いだとかそういうことではないです。
あくまでもクラウスへの意見です。
まぁ彼だけでなく、設定などへの意見も含みますが・・・。

(でもレベルファイブのゲームのシナリオが突っ込みどころの多いのは有名ですね☆)

まず、彼が犯行に及んだきっかけとなる「タイムマシン爆発事故」についてです。
これは結局ビル・ホーク首相が利益目当てで実験を進めた結果起こってしまったものでした。
確かに金に目がくらんだ首相に落ち度はありますよ?
でもですね・・・ディミトリー博士は、この実験が危険だと気づかなかったのでしょうか、いや気づけ

(私はこれといって物理学その他に詳しくありませんが)ただでさえ実験というものは危険です。常に最悪の状況を想定して動かねばならないのは常識では?
実験をする前に場所、選んでた方が良かったでしょう?

首相が欲張った云々言い争う前に、住宅街から離れた場所で実験を行うことで被害は免れたのではと思ったり思わなかったり。

「それじゃあクレアさんが実験台にされたのはどーなのよ?」と意見が来そうですね。
勿論、女性に優しくしなかった首相は悪いでしょう。
英国紳士失格ですよ!?

ですが、クラウスのことを考えると・・・何だかまだ悪人役を貫き通した首相が哀れに、愛おしくも思えます。

私の妄想ですが、ビル・ホークはあの時かなり切羽詰まった状況にあったのではないでしょうか。
ディミトリー氏は後にクラウスに資金提供をしてもらったようですので、
やはりまだこれといって成功していない科学者って貧乏だったのでしょうね。
それで首相は自分の中の倫理観が崩れたのかな・・・?
勿論彼の犯した罪はそれでも重いものですので、この考えが合っていたとしても彼の行いは正当化されませんが。
また、精神的に危ない状況にあった首相をスポンサーが脅したとも考えました。

もし首相が多忙さで思考がこんがらがることのなければ・・・良かったのでしょうか。
やっぱり、こういうことを考えるのって難しいですね。

他人の罪を比べあうのはおかしいことは分かってます。
しかし、流石に・・・流石に・・・・首相のことをじっくり考えていけばいくほど、
クラウスの犯した罪の大きさが感じられるんです。なんでだろうか。


いつもより酷い駄文でしたね。ではでは。
[ 2012/03/18 00:57 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授とユカイな事件(1~3巻) 感想

※更新時1~4巻まで発売されていますが、私は3巻までしか持っていないです。
ギャグ漫画です。ゲームを心の底から愛する方は購読をお勧めしません。


ゲームではレイトン教授とルークの主従関係にホロリとしか方、いますかね?
それがこのマンガでは立場が逆転します。
ギャグ●ンガ日和の聖●太子と小●妹子、松尾●蕉と曽●・・・みたいな関係でしょうか(笑)。
(例えが完全に好みですいません・・・)


しかしルークの言動が酷い・・・・教授にそこまでするか普通!
君、英国紳士になるつもりじゃなかったのかい!?
最高の笑顔最低なことを言います。
そんな弟子に対し、レイトン教授がかなりのヘタレです。
脳内での大泉さんと堀北さんの声の再生は無理です・・・orz

そしてアロマもいい味をだしてます。
この少女、ただの天然ではありません

何しろドン・ポールが可愛いですね。
ほぼ毎回悪事を働こうと躍起になっていますが、暴走するレイトン・ルーク・アロマに振り回され、挙句の果てはどこかの昭和の悪役と同じ様な爆発オチが・・・。
(毎回こういうパターンじゃないですけどね!)

ページを捲るたび、細かい所にレイトン教授の小ネタが混じってあり、ニヤニヤ必至です。

桜ナオキ先生の絵はとても可愛くて愛嬌がありますねぇ。
先生は「レイトン教授と秘密の本」でもマンガを描かれていますよ。

コロコロで連載されているので、アマ●ンで購入しました。
子供向けではありますが、大人にも通用するネタが嬉しいですね。

駄文失礼。ではまた。
[ 2012/03/17 00:50 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授と迷いの森

まず表紙で購入するかどうか一か月悩みました。
しかし、携帯アプリの「死鏡の館」やれないんだから少しはレイトン分の補給もいいかな・・・と。
購入しましたよ、アマ●ンで。

表紙のインパクトも凄いですが、表紙をめくったその次のページの教授・ルーク・アロマの絵に更に驚かされました。
この作者さん、ある意味凄いなぁ(笑)


全部で3話。
他ナゾのページがあり楽しめる仕様。
ストーリーはと言いますと・・・どの話もゲーム本編より凄く科学的です。


何だか読んでいたらこっちが恥ずかしくなるんだよっ!
ベッタベタな恋愛少女マンガを一気読みした感覚。
でも、たまに・・・たまに読みたくなるもんです。

これ以上内容書きたくないなぁ・・・。
という訳でありましてお許しください。

でもイケメンドン・ポールはおいしゅうございました。
やはり教授は点目が最高ですよね。
悪魔の箱の目のデカさはちょっとアレですが・・・。

でもネタとして読むには結構いいと思います。
よっぽどの原作厨(ゲーム)でない限りは楽しめます。
[ 2012/03/15 23:12 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授とさまよえる城 感想②

前回の続き。

差別を受けているとは知らないロレインは、レイトン達に同行しグレンストウの町を見物した後別れます。
見物(いや調査でしょうか)したことで見えてきたのは・・・・!?
ラストの伏線が入るので省かせていただきます。
ヒント:このブログ更新時では、時事的にアレなネタがあります。

残った3人はジェレミーの家へ。ここで一言。
「屋敷というより、城だな・・・」(「悪魔の箱」よりレイトンの言葉)
何でレイトン教授の周りにはこう・・・・金持ちが多いのか(笑)。
今回のマクルーハン氏も然り。それに今まで2作品どちらも金持ちg((げふんげふん。

そして明かされる北の伝説、マクルーハンの秘密。更にこの事件の裏に隠された北の大地の恐ろしい力が――!?

この後のあらすじはかなり核心に触れる話が多いので、これからは感想を気ままに書いていきたいと思います。



小説の途中途中にナゾが入りますが、個人的にいらないな・・・・と。
どうせナゾを入れるなら、メモせずにすむものだけにして欲しいです。

あと児童書コーナーに置いてあることが多いそうですが、
(私の場合はゲーム攻略本コーナーで見つけました。今はネットでの購入がお勧めです。)
・・・確かにふり仮名があって子供でも読みやすいです。
でもちょくちょく入る小ネタが、どうも子供向けじゃない。
ジェレミーが物理学者なのもあってか、またレイトンが考古学者なのもあってか、
歴史・物理・科学の知識が最低限でもないと相当理解に苦労します。
まぁ子供でもそのあたりのトリビア的会話はスルーすればOKです。

雰囲気は不思議の町と悪魔の箱の丁度中間っぽくて好きです。
レイトン教授といえば、やはりこういう雰囲気が似合うものなんですね・・・。

(以下ネタバレのため反転)
まぁ結局ロレインさんが怪しいってのは最初から思ってました。
だって登場のタイミングが良かった・・・・良すぎたんですから。
どこの正義のヒーローだ、と思うくらいの。

今のマクルーハン氏が偽物だったとは・・・。
これはある意味意外でした。
でも彼の野望は結構前から予想できた気がします・・・。

あとさまざまなトリックがありましたが、
殆ど同じネタの使い回し又は子供向けの科学番組でよくあるマジックに感じました。
最初のナゾトキには「なるほど」と思いましたが、次第に「あぁそうですか」と思うようになっていく自分が憎い(苦笑)。

大昔の伝説の中にある大爆発はウランが原因とか・・・・。
それで土地をブッ飛ばしたとか・・・その後の処理はどうなったの・・・・と言うより、
まぁ詳しくツッコミするとこちら側の負けだから無しにしよう!

今回は悪魔の箱に比べ戦闘シーンが多かったです。
是非アニメーションで見たかった。カッコ良すぎだろジェレミー!
勿論教授もカッコいいけど!ルークはパチンコだったけど!!

あと意外だったのは、全員無傷で帰れなかったこと。
レイトン教授って、死人を出さない、主要キャラは怪我しない・・・みたいなジンクス(?)があると信じていたのでこれはショックでした。
本当に、どうしてこうなった。

正直洗脳されて操り人形のようだったロレインさんにはイライラさせられました。
芯の強い女性って描写だったのに・・・って。まぁ女性は洗脳されやすいといいますからね。仕方ないとは思いますが。
しかしその後、怪我をしたジェレミーの看護をするあたりを読んで、
彼女の献身さには感服しました。
そういう方はどんなにやつれていても綺麗なんでしょうなぁ。

結論:結局城は浮かばなかった。
今後に期待・・・ってことですね分かります。
でもどうせなら浮かばせても良かったんじゃないの?浮かんだ城を見たかった、いや違う・・・読みたかった。

ただこういうラストを読むと、まさか歴史はまた繰り返されるんじゃないかって思いますね。
この二人ならまぁ安心はできそうですけども。
問題は彼らの子孫の時代だ・・・。
傍系一族と直系一族の争いが起こりそうだ。まぁ名門の一族でそういうことはよくあるかもしれませんが。
まぁまぁ。二人が幸せならそれでいいじゃないか、と割り切っておこうと思います。


結構面白い小説でした。
既に続編は読破していますが、まだツッコミどころが少ない方のような気がします。
ただ一つ言わせていただきたい・・・・
キャラ紹介のページが欲しかった。
勿論長野氏の絵で。

キャラ紹介のページは以後の作品には全て載っていますけど、正直残念でした。

レイトン教授のイラストを検索するとたま~にジェレミーとロレインの想像図が見つかります。
自分も描いたことがありますが、何しろ絵心がないもので・・・悲惨な結果に。

相変わらずの駄文失礼しました。
[ 2012/03/14 17:02 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授とさまよえる城 感想①

――城が空を飛ぶ。
地球の重力場において、そんなことがありうるのだろうか。
質量のある物質は落下するという、万有引力の法則に反するのではないか。
それは空が落ちることと、同じくらいにありえないのではないのか。

でもあのときに、僕が見たものはなんだったのか。
夢だったのか、あるいはうつつだったのか。
あまりに美しく、あまりに恐ろしい、あれは幻だったのか――。




以上小説の冒頭部からの引用です。
もう分かりますね。
城が空を飛ぶんですよ。
ラ●ュタですよ、ハ●ルですよ奥さん(笑)。

そして今回が今まで(「奇跡の仮面」まで)で『一番考古学していた』と思います。
だって今までプレイしたけど、レイトン教授が私立探偵にしか思えなかったんだ。
立派にグレッセンヘラーカレッジで教授しているのにさ。うん。

今回の舞台は・・・ロンドンから北にある町:グレンストウ(でいいのか?)。
稀覯本集めが趣味のマクルーハンが行方不明になったので、シュレーダー博士に頼まれ調査に出かけたレイトンとルーク。
どうやらさまよえる城が関わっているらしい。当たり前だね。
その途中でひょんなことで出会った男:ジェレミー。チェルミーじゃないよ、ジェレミー。
レイトン教授の大学時代の親友だそうです。
ベコンベコンなシルクハットの怪しい男、みたいな描写ですが・・・・・この男、只者じゃないんです。

今回の事件の話をすると異常な興味を持ったジェレミー。一緒に行きたいとせがみます。
実は実家がマクルーハン氏の失踪場所の近くにあるのだとか。里帰りついでに彼も同行することに。
ジェレミーと一緒にモレントリー急行に出かける二人。(悪魔の箱の後の話です)
その先でとんでもない目に遭いますが、割愛。ご自分の目でお確かめくださいませ。

その時突然助っ人として現れた女性、ロレイン・ミルズ。
ご職業は新聞記者。どうやらかつてレイトンを取材したらしく、二人は互いに面識があったそうで。
美しい声、そして綺麗な赤毛を持つ紫眼の美女。ちょっと待て、組み合わせが濃い。って・・・・。
でも長野氏(キャラデザ担当)の絵で描かれるのを想像すると、何だか許せる気がするのはなんでだろう?

そこで彼女に恋に落ちるジェレミー。ピュアですな。
そんな彼女を疑い始めるルーク。赤毛=魔女だから怪しい、って・・・それ明らか有名な差別だよ!?
誰がそんなこと吹き込んだんだ?今すぐ出てこい!

後半はネタバレが多くなりそうですが、また次回。
相変わらずの駄文失礼しました。
[ 2012/03/14 01:56 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

3月12日

自分めの誕生日です。
自分におめでとう。
そして自分以外で同じ日に誕生日の方々におめでとう。

自分はこれから色々ありますが、平穏無事にいきたい(切実)。
ここ数年、いい年だったなーなんてふり返られる年が少ないんだよねぇ。
さて今年はどんな年になるのやら。

・・・・こういう事って、普通年が明けた時に言うのか?
[ 2012/03/12 19:12 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授と悪魔の箱 感想

今度の舞台は、陸を走る豪華客船:モレントリー号。
開けたら死ぬ、と言われる「悪魔の箱」の秘密に辿り着いたレイトン教授の恩師:アンドルー=シュレーダー博士は、好奇心に駆られ悪魔の箱を開けてしまう。
駆け付けたレイトン教授が博士の部屋で見つけたのは、既にこと切れた恩師の姿が・・・。

恩師の死因、また悪魔の箱に上の鉄道が関わっていると見たレイトン教授はルークとともに新たな旅に出る。
モレントリー号に乗って辿り着いた先は・・・・!?

不死のバンパイアとの対決・時を超えた恋物語・ドン・ポールなる曲者の登場等々。
この謎を教授は解くことが出来るのか・・・・!?




ナゾは前作に比べ、若干簡単に・・・・・なってないよorz
今度はチェス等のボードゲームを使った難易度の高いナゾが増えてしまうんだよなぁ。
特にバニッシュは難しい。スライドパズルならゴミ箱のナゾが鬼畜。
ひらめきが必要なナゾなら得意なんだけど、こういう種類は苦手。
ストーリーの流れはやや自然になったかも。
あと感動を味わいたいなら、是非DSで壊れているところが無いか確認しておくべき。
最後のナゾが実はDSの機能をフル活用した傑作です。

以下ネタバレ
今回の種明かしも割とぶっ飛んだものだったよ。
訳の分からない臭気だの、それによる幻覚・暗示作用だの・・・。
でも、最後のナゾ含むラストのストーリーの流れはまぁ呑み込めない限界を超えていなくて良かった。
ストーリーだったらこれが一番好き。イラッと感じたことはなかったかも。
レイトン教授とアンソニーの対決シーンはカッコいい。特にシャンデリアを背景に戦うところ。絵になるよ絵になるよ。
あと一瞬教授のシルクハットが脱げるのがいいwwそして帽子を押さえこむ仕草が可愛いww
今思えば、ソフィアさんがもう少し説明してれば今回の事件はなかったのかなと思うのは自分だけかな。
もう最後のナゾを上回るナゾはもうないんだと思うんだ。悲しいなぁ。


追記:Salyuさんのエンディング曲は素晴らしいですよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1734756 ←これはレイトン知らない人でも聞く価値あります。
[ 2012/03/11 00:55 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授と不思議な街 感想

美女からの手紙による依頼で小さな町にやって来た考古学者のレイトン教授とその「自称」弟子:ルーク。
死んだ資産家が遺族に遺した遺言は――この町のどこかに隠された「黄金の果実」を見つけ出した者に遺産を相続する、というものでした。
調査を始めるレイトン達ですが、神隠しの噂7・奇妙な乱入者・謎の少女が出てきて・・・。
レイトン達を待ち受けていたものとは一体・・・・!?

って感じのあらすじかな。





特に長所としてでも短所としてでも特記すべきことはない。
そんな作品。

でも、第1作としてはかなりいい出だしだと思う。
まぁ日野社長の商才も良かったんだけどね、声優の演技(特に大泉さん)も良かったんだけどね。

能登さんファンならファーストシーズンは買うべき。
だってその「謎の少女」って声優さん能登さんだし。第3作までついてくるし。何しろ可愛いし。

ただちょくちょく出されるナゾが、『頭の体操』からとったものだからかな、癖がある。
ウソつきを探せ!みたいなのが多い。

フレンドリー版を持っていないのでよく分かりませんが、フレンドリー版の方が収録しているナゾが多いそうで。
(これは次作の悪魔の箱も同じ。)
現在かなり値段が下がっているので購入してみてはいかがでしょう。
ストーリーはすべてここから始まります。
[ 2012/03/10 08:28 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

お詫び2

もう一度。
ってかこんな奴でゴメンね☆

https://twitter.com/#!/_6361744744842
[ 2012/03/10 01:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

お詫び

どうも前記事ではツイッターに飛べないみたいですなぁ。

ユーザーの写真が「手抜きのメガネかけた人物」になってるはず。
探してごら~ん。たぶんロクな呟き残してないから。

https://twitter.com/#!/_6361744744842

↑テスト。うまく飛べるといいのだが・・・。
[ 2012/03/10 01:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ツイッター始めました

ツイッター始めました。
@_6361744744842  ←をコピーして下さいな。
[ 2012/03/09 23:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

はじめまして~自己紹介~

初めまして
グラタンこあらでございます。

え、ブログのタイトルからだと「グラタン」じゃないのかって?
いやぁ・・・グラタンでは色々駄目なもんで仕方なく「こあら」を付け足しました。
(全世界の「こあら」よ、すまん)

で、現在ハマっているものは現在レイトン教授シリーズと二ノ国(どちらもDS)。他にも色々。
その他についても色々コメントするかもしれません。

初心者ですがよろしくお願いします。
[ 2012/03/09 21:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。