グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > 2014年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さばげぶっ!

さばげぶっ! 1 (特装限定版) [Blu-ray]さばげぶっ! 1 (特装限定版) [Blu-ray]
(2014/09/24)
大橋彩香、内山夕実 他

商品詳細を見る
梧桐学園高校に転校することになった園川モモカ。
ところが登校初日の電車内で痴漢の被害を受けそうになってしまう。
すると犯人の男に一人の女子高生が銃を突きつけた。彼女の名前は鳳美煌。
モモカを助けてくれた彼女はサバイバルゲーム部の部長だったのだが…。

真面目そうなサバゲーアニメだな、気に入った。紹介は最後にしてやる。

サバイバルゲーム(サバゲー)が題材のアニメというと嫌な記憶が甦ってくる。
詳しくはそちらの記事を読むかアニメを見て後悔するかしていただければ。
さて原作の漫画は「なかよし」で連載中。…ん?「なかよし」だって!?
今の少女漫画にはこんなにサバゲーらしくないサバゲーアニメを
イマドキの女の子は楽しんで読んでいるのか。とんでもない話だよ全く。

主人公であるモモカは良い子のフリをする事で内面のどす黒いを隠している。
しかしひとたび外面が剥がれれば、部員やクラスメイト…
その上動物やお年寄りにも容赦のない女子高生。
サバゲー部員が繰り出すボケに対し清々しいほどキレのあるツッコミを入れるのだ。
可愛さとはかけ離れたギャグ展開だけで十分凄いのだがもう一つ。
このアニメが邪道として扱われる理由があるのだ。

それはこの作品が真面目なサバゲーアニメであることを否定しているのだ。
アニメが始まってすぐに、「真面目なサバゲーを期待している視聴者は
今すぐテレビを消して寝ろ」といった趣旨のコメントを何度も流し
サバゲーを知らない人間でも「これ絶対ルール違反だろ!?」と思うような行動が
随所に見られ、謎の生き物や渋い声のナレーションの存在感が半端ない。
あくまで攻撃的な似非サバゲーはおまけ要素に過ぎない事を
見ている側は理解させられる。

それでもギャグが面白いからついつい見てしまうんだけどね。
コマンドーやターミネーターでお馴染みのシュワちゃん公認声優である
玄田哲章氏のナレーションが絶妙にマッチしている。
(シュワちゃん出演作品の小ネタもセリフに仕込まれているのも面白い)
サバゲーとギャグを掛け合わせたこの作品にはなくてはならない存在であり
彼の解説のおかげで楽しめたといっても過言ではない。

サバゲーアニメを紹介すると言ったな、あれは嘘だ。

うわぁあああああああああああああああ!!!!!
スポンサーサイト
[ 2014/11/25 22:07 ] アニメ ★★★★☆ | TB(0) | CM(0)

2014年夏アニメ総まとめ

夏アニメのレビューがまだ全部やっていませんが、今のうちにまとめ記事を載せておく。
アニメ調査室(仮)様のアンケートに参加した。

【評価基準】
80%以上視聴した作品
S : とても良い(第3回より追加)
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
80%以上視聴していない作品
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可

【評価】
01,ケロロ,x
02,東京ESP,D
03,ひめゴト,x
04,幕末Rock,x
05,ばらかもん,A

06,ハナヤマタ,D
07,RAIL WARS!,x
08,闇芝居 2期,x
09,信長協奏曲,A
10,さばげぶっ!,B

11,ハイキュー!!,S
12,アオハライド,D
13,グラスリップ,E
14,Re:_ハマトラ,x
15,ガンダムさん,x

16,残響のテロル,F
17,LOVE STAGE!!,B
18,魔法少女大戦,D
19,M3 ソノ黒キ鋼,C
20,精霊使いの剣舞,x

21,HUNTER×HUNTER,x
22,まじもじるるも,B
23,カリーノ・コニ,x
24,アルドノア・ゼロ,x
25,モモキュンソード,x

26,ベイビーステップ,B
27,月刊少女野崎くん,S
28,六畳間の侵略者!?,B
29,DRAMAtical Murder,F
30,キャプテン・アース,D

31,魔法科高校の劣等生,C
32,金田一少年の事件簿R,x
33,戦国BASARA Judge End,x
34,Free! Eternal Summer,C
35,ロボカーポリー (2期),x

36,ガイストクラッシャー,x
37,真 ストレンジ・プラス,x
38,暴れん坊力士!! 松太郎,F
39,黒執事 Book of Circus,x
40,ペルソナ4 ザ・ゴールデン,C

41,東京喰種 トーキョーグール,B
42,スペース☆ダンディ シーズン2,S
43,あいまいみー 妄想カタストロフ,x
44,少年ハリウッド HOLLY STAGE FOR 49,B
45,最強銀河 究極ゼロ バトルスピリッツ,x

46,ミュータント・タートルズ 新シリーズ,x
47,人生相談テレビアニメーション「人生」,C
48,Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei!,x
49,普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。,B
50,ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース,A

51,(特番) 物語シリーズ セカンドシーズン 花物語,C
52,(特番) バディ・コンプレックス 完結編,C
53,(特番) 蟲師 続章 棘のみち,A
54,スミ子,x

t1,(参考調査) みならいディーバ (全10回),x


以下寸評。
【S評価】ほぼ文句なしに面白かった作品。
月刊少女野崎くん:コメディ物として完璧に近い出来。何度も笑ってしまった。
ハイキュー!!:スポーツアニメで心から熱くなれた。
スペース☆ダンディ シーズン2:1クール目に比べ全てがパワーアップ。
【A評価】S程じゃないが面白いと思えた作品。
ばらかもん:主人公が爺さん殴る出だし以外は凄く良かったかな。
信長協奏曲:キャラデザで切らなくて本当に良かった。続きが見たいなぁ。
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース:ポルナレフ好き。
蟲師 続章 棘のみち:劣化せずクオリティを保ち続けていた。
【B評価】面白い部分が発見できた作品。
さばげぶっ!:ゲスい主人公も悪くない。
LOVE STAGE!!:純愛を見事に描いていた。でもBLだから勧めづらい。
まじもじるるも:主人公がどこまで死に近づいたのかが謎だったのが残念。
ベイビーステップ:絵の手抜き加減さえ無ければ良かったけど。
六畳間の侵略者!?:ハーレムアニメの中では割と好印象。
東京喰種 トーキョーグール:2期次第で評価変わるかも。
少年ハリウッド HOLLY STAGE FOR 49:青臭いポエムが多いが面白かった。
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。:地味な展開。だがそれがいい。
【C評価】総合的にプラマイ0。良くも悪くもある作品。
M3 ソノ黒キ鋼:2クール目の盛り上がりは良かった。
魔法科高校の劣等生:ギャグとして見るには良いが、バトルアニメとして見るには退屈。
Free! Eternal Summer:全体的に面白さがかなり減ってしまった気がする。
ペルソナ4 ザ・ゴールデン:良い意味でも悪い意味でもファン向け映像作品。
人生相談テレビアニメーション「人生」:人生相談しろ。
物語シリーズ セカンドシーズン 花物語:百合したかっただけ。
バディ・コンプレックス 完結編:まぁこういう終わり方以外考えられなかった。
【D評価】やや不満な部分が残る作品。
東京ESP:バトルアニメならもっとカッコ良さを出すべきだった。
ハナヤマタ:仲間が集まるのが遅すぎて最後の盛り上がりについて行けなかった。
アオハライド:これが女の理想…なのか?
魔法少女大戦:宣伝のための5分アニメ。
キャプテン・アース:1話と最終回は良かった。無駄なエピソードが多過ぎる。
【E評価】見終わってもスッキリと出来なかった作品。
グラスリップ:そもそも何があったのか分からない。
【F評価】自分に合わないと判断し切ってしまった作品。
残響のテロル:刺客登場で一気につまらなくなったから切った。
DRAMAtical Murder:1話から露骨なBL推しと全体的な手抜き感があったから切った。
暴れん坊力士!! 松太郎:肝心の相撲から離れすぎてラスト3話見ずに切った。

要は好きなの書けばいいんだろ③

忘れたころにやって来る。









アニメ・妖怪ウォッチ 43話感想②

前回の感想と一週間時間が空いたけど別にいいか。
妖怪ウォッチ43話のBパートの感想を早速書いていこう。
期待している人いるだろうけど、今回マウス絵無いからね!!
あと文章汚いよ!


森の奥の洋館で謎の怪奇現象を目の当たりにしたケータ達。
頭に桜の花を咲かせ立ち上がった館の主は急に踊り出す。
「花~が咲いて~はっぴっぴ~♪」
まるで危ないクスリをキメたのかと思ってしまうような奇行。
どうやらこの事件はどんどんおかしな方向へ進んでいくみたいだ。
youkai1116-1.jpg
皆から探偵役を押し付けられた任されたケータは部屋に倒れていたスコップが
凶器なのではないかと推測。植樹していた時にスコップを持っていたのはクマだ。
…って、だからと言って友達を疑っていいのかケータ君?
まぁ友達と呼んでいる妖怪達をこき使うのが当たり前になった彼の事だ。
そう考えてもおかしくはない。レべりファイブ一の外道主人公だからなコイツ。
とにかくだ。クマはずっと君と一緒にいたからアリバイは証明されている。
次の犠牲者が出る前に出来るだけ早く犯人を見つけなくてはいけない。
ミステリーモノではこの後被害者がどんどん出てくるから、と
堂々とフラグを建てていくジバニャン。そのフラグはすぐに回収される。
youkai1116-2.jpg
この後カンチ、クマ、フミちゃん、その他や方にいた使用人等々
頭に花が咲いて一旦倒れた後、立ち上がって変な踊りを始めてしまうのだった。
何故ケータだけが被害に逢わないのか、という質問は流石に野暮か。
彼らの奇妙な踊りはどんどんエスカレートしていく。
クマが踊りながら割り箸で鼻を挟んだのを真似てフミちゃんも
持っていたヘアピンで鼻を挟もうとしていたから大変だ!ヒロインの自覚持てよ!!
一応これはケータが必死に止めたけれども、それだけで終わらないのが妖怪ウォッチ。
ケータの妄想の中で、これから起ころうとしていたであろう惨劇の描写をしっかり見せる。
初見の方に説明しよう、このアニメにおいてヒロインの汚れっぷりは異常なのだ。
むしろ可愛らしいシーンの方が少ないんじゃないかと思うぐらいに…。
特に今週(44話)の酷さは過去トップクラスだったよ。
youkai1116-3.jpg
今回お供妖怪の顔が総じて酷い。ってかジバニャンの顔がねこぢるにしか見えない。

さりげなくフミちゃんのヘアピンをポケットに入れ、ケータは二階の一室に入る。
そこにあったシルクハットを被り、茄子を片手に気分はもう英国紳士!
一緒にいるウィスパーやジバニャンには全く期待されてないけど頑張るしかない。
茄子を嗅ぎながら「頭に花が咲いてはっぴっぴーになる事件」の謎解きに取り掛かる。
するとどこからか花の強い香りが鼻を刺激する。
おや…この香り、どこかで嗅いだ記憶が…。あの洞窟に入ればきっと早く家に帰れr
匂いを辿ってケータ達は屋根裏の大黒柱の前に来た。
youkai1116-4.jpg
その大黒柱には無数の花が咲いており、屋根裏全体を幻想的な世界に変えていた。
で、これを見つけたけどもこの先何をしたらいいのか分からないケータ。
もう一度妖怪ウォッチで柱を照らしてみたけれども、今回も収穫得られず。
ここにも妖怪はいなかった。ケータは本当に花を咲かせる妖怪はいないのか
ウィスパーに確認。ウィスパーは妖怪パッドを操作しながら
そんな妖怪はいないと言い張る。ところがジバニャンが探していた妖怪が
載っているページを見つけ出したのだ。名前は「花さか爺」
youkai1116-5.jpg
どんなところにも花を咲かせる能力を持つレジェンド妖怪だそうだ。
レジェンド妖怪…これは普通の妖怪と違ってかなり強い力を持っているものばかり。
大体は決められた妖怪ウォッチを集める事で償還できるものだが、
アニメの世界では割と野生の妖怪として出るらしい。ケータ君は運が良いんだね。
では伝説の妖怪でさえ知らなかった無能執事はさておき、どこを探せばいいのだろう。

ケータが考えあぐねていると、ジバニャンはお腹が空いたとへたってしまった。
目の前にいる猫妖怪の言葉を聞いたその時、ケータは閃いた。
花さか爺に良く似た妖怪であるひも爺と同じパターンで探せばいいのではないかと。
youkai1116-6.jpg
成程。以前ひも爺という妖怪が人々を空腹状態にさせていたことがある。
この時も憑かれたフミちゃんは大食いになってたんだよねぇ。
ひも爺の時、憑りつく対象が人ではなくコンビニエンスストアだったのだ。
では今回はどうだろう?その答えは決まっている。
ケータは館の外に出て屋根に向かって妖怪ウォッチのライトを当てる。
するとどうだろう。妖怪パッドの通り、花さか爺が見えるようになった。
強い口調で人間をはっぴっぴーにさせるのをやめてるよう要求するケータ。
すると花さか爺は自分は迷惑な事をしていたのか、と驚くではないか。
枯れている山に植樹をしてくれた人間達への恩返しとして頭に花を咲かせ
皆をハッピーにするつもりだったらしい…ってやっぱり迷惑に違いはないわ!
youkai1116-7.jpg
人間への被害だけでなく、花さか爺の持つ力が強いせいで他の物にも花が咲くし。
どうも妖怪と人間の考え方のズレ、文化の違いが引き起こしたトラブルだったようだ。
ケータの話を聞いて自分がした事が正しくは無かったのだと反省した花さか爺、
ポンと手を打ち鳴らすと人間達の頭に咲いていた花が一斉に消え正気を取り戻す。
自分達がしていた変な踊りの事はすっかり忘れてしまったようだ。

最後にケータは、花さか爺に何故この館に花さか爺は住み着いているのかを尋ねた。
花さか爺は寂しそうな顔でこの質問に答える。昔、自分が大切に育てていた
桜の木がこの家の柱に使われる事になった。切られても人の役に立っている事は
承知しながらも思いが絶ち切れなかったから、今度はこの館に取り憑いていたのだ…と。
youkai1116-8.jpg
ここ、一番心に残ったシーンだ。爺さん小さくなったけど気にしてない。
自分と同じように木を大事にしている人達のためにやったことが
かえって困らせる結果になってしまったと、もう一度深く詫びる花さか爺。
彼の思いを理解したケータ達はこれ以上彼に問い詰める事はしなかった。
こうして事件を話し合いで解決する事でお互いに打ち解けあるようになったので
花さか爺は友好の証として自分の姿が刻印された妖怪メダルをケータに渡す。
ちなみに金色の縁はレジェンド妖怪のみに許されたもの。
また花さか爺はゲーム版でかなり強力なヒーラーとして活躍してくれるらしい。
youkai1116-9.jpg
花さか爺と別れた後、気の毒な花さか爺をどうすれば人々を幸せに出来るのか、
ケータ達は考える。彼の花を咲かせる能力を生かせる場所があればいいのだろうが…。
人間をはっぴっぴーにせず、思いっきり花が咲かせられる場所でないといけない。
館に戻ったケータは、壁に貼られている花火大会のポスターを見て何かを思いつく。

後日。自然公園では冬の花火大会が行われることになった。
日本人にとって冬に花火をやるというのは案外ピンと来ないかもしれないが
アニオタの中には最近のアニメで辛い思いをしている人もいるだろう…グラスリップ…うっ頭が
しかし冬は花火が綺麗に見える季節であり、またイギリスでは花火は冬の風物詩。
特にガイ・フォークスの日である11月5日は各地で盛大に打ち上げられるのだそうだ。
ガイ・フォークスというのは昔仲間達とイギリスの国会議事堂を爆薬で吹っ飛ばし
国王を殺す計画を練ったけど結果失敗し逮捕されて極刑に処された男である。

最初の花火が打ち上がる。そのタイミングに合わせて花さか爺が手を打ち鳴らすと
今度は桜の花の形をした花火が夜空に浮き上がる。
計画を狂わされた花火師達は大慌てでパソコンに撃ち込まれたシュミレーションを
チェックする一方、観客はわっと歓声を上げる。
youkai1116-10.jpg
奇しくもこの作品の舞台は「さくらニュータウン」。
自分達が住む町の名前にぴったりの花火を作ってくれたことに大喜びしているだろう。
夜空を彩る桜の花火は非常に綺麗だった…良かったね、花さか爺。

と、ここで終われば普通に良い話だった。
しかしここで終わらせてくれないが妖怪ウォッチ。
レイトン教授のパロディ回だと釣られた人、釣った人(おいら)、
普通にアニメを見続けている人…誰もがラストのどんでん返しに面食らう事になるのだ。
花さか爺が結果的に人間の役に立てたことに安心したケータが振り向くと
辺り一帯を埋め尽くしていたのは頭に花が咲いた人間だった。
駄目だあの妖怪、力の制御がてんで出来ていない!!
更に最後にはケータ、ウィスパー、ジバニャンらの頭にも桜の花が咲き…
youkai1116-11.jpg
こうして物語は全滅バッドエンドを迎えてしまうのだった。
これじゃあ先週と殆ど変わっていないよぉ!

エンディングテーマ曲は『ダン・ダン ドゥビ・ズバー!』
映像中央にいるのは人間ではなくれっきとした妖怪、その名もブリー隊長。
Dream5とブリー隊長が歌うこの曲は『妖怪ウォッチ2 元祖』と『本家』でも
共通のエンディング曲として使われている。
まぁゲームの方はキング・クリームソーダが歌っているんだけど。
youkai1116-12.jpg
ここでレンコン教授の助手の名前が確認出来る。ワルークってwwwww

あと劇場版もよろしくね!
子供達が多いだろうから、行くなら夜か放映期間の終盤がベストよ。
ついでにエンディング曲のゲラゲラポー走曲のダンスを練習してもいいのよ?

おいら的にはポスターに熊本のゆるキャラが載ってたけど出番があるのか気になる。
ケータの祖父母が住んでいた村の名前ケマモトだから尚更ね。
話は変わるけどゲーム『真打』でウィスパーの秘密が明かされるかもしれないってさ。


次回予告前のおまけコーナー「きょうの妖怪大辞典」。
ここでは毎回獲得したメダルの妖怪を紹介する…はずだったのだが。
youkai1116-13.jpg
あっ、これは見ているチビッ子の親でも知らないネタだわな。


お楽しみいただけただろうか?これでも今子供達の間で人気なゲーム原作のアニメだ。
おそらくレイトン教授目的で見た方には物足りなかったのかもしれないが
(どうせクラウス目当てで見たんだろ?残念だったな、世の中そう上手くはいかないのだよ!)
妖怪ウォッチらしさに溢れたエピソードを紹介出来て良かったと思う。
ツイッターの方で時々呟いていたのだが、このアニメの本質はパロディでは
ない
んじゃないかと自分は考えている。逆に終盤用意されているクレイジーな展開で
視聴者の度肝を抜く
ために釣る餌…それがパロディではないのだろうか。
パロディ部分だけが最近ネットでよく話題になっているが
毎週欠かさずに見ている一人のファンとしては、このアニメ特有のブラックさ
もっと知られるべきじゃないかと思うのだが…やっぱり無理かな。

既に次の44話も放送されているので、おいらのオススメシーンだけ載せておこうか。
youkai1116-14.jpg
44話は最初から最後までジバニャンの扱いが酷かったし
フミちゃんの汚れヒロインっぷりが暴走していて面白かったなぁ!
可愛い女の子(妖怪も含む)も沢山いたので満足満足。
[ 2014/11/16 23:31 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

うしろ ふきげんな死神。

まず五年前に発表されたPVを見て欲しい。
ホラー系が苦手な方は、もうこの先を読んでも構わない。

妖怪ウォッチ感想が遅れてしまうかもしれないから、小説の感想を書いてみるよ。
タイトルは『うしろ ふきげんな死神。』

レベルファイブがPSP用ソフトとして発売するつもりだったけど
何故か開発中止になってしまったゲームのノベライズ版…という奇妙な肩書を持つ。
そもそも2009年に割と出来のいいPVを発表したくせに、何故断念した?
また、今回紹介する小説を発売する五か月前に「実は新展開があります」と
社長自らが報告。突然すぎるわ。この時滅茶苦茶混乱したんだぞ。
…落ち着け、『妖○ウォッチ』で稼いでるレベルファイブが突然ホラーゲームの小説?
馬鹿馬鹿しい!流石の日野もそこまで血迷った事はしないだろ。たぶん無理だ、ってね。
ところが本当に書籍化したんだよ。しかも衝撃のおまけ付きで。
このおまけについては後述するとして、早速内容についての説明を。
感想はその後だ。

うしろ ふきげんな死神。 角川ホラー文庫うしろ ふきげんな死神。 角川ホラー文庫
(2014/09/25)
後藤 リウ

商品詳細を見る
当然設定等は小説のものを基準に書いている。ゲームは知らん。
――女子高生の西崎七名子は『死神』を名乗る青年・宇城霊一郎と出会う。
人間の魂を回収する宇城に協力する(羽目に逢った)七名子は
様々な事件を通して人間の心の中の闇を垣間見ていくのであった――

ちなみにこの「回収する」為に簡単な謎解きをしたりバトルをしたりするので
案外ホラー要素は薄い。でも描写はところどころえげつないため
『妖怪○ォッチ』に登場する白い狛犬妖怪が帯についてるから、という理由で
うっかり手を出してしまったチビッ子がいないかどうか不安だなぁ。
確かに『うしろ』と『○怪ウォッチ』は似ているところが幾つかある。
・人ならざる者達と交流する一般人(主人公)
・その主人公にあれこれ指示を出すパートナー的な存在
・癖のあるマスコットキャラクター
・悪い何かにとり憑かれた人々を退治する勧善懲悪ストーリー…等々。
もしかしたらの話だが、『うしろ』が持つごく僅かな気味の悪さを
全て取り払って生まれたのが『妖怪ウォッ○』なのかもしれない。
今じゃ完全に『妖怪ウッチ』に縋り付くしかない存在なんだろうけど。

小説には序章を除き4つの物語が入っている。
最初の話が二人の出会いの話でそれ以外はそれぞれ別の事件を扱っている。
そのせいか物語自体はあまり進んでいないように感じた。
元々RPGのつもりで作っていたのだろう、謎解き部分よりバトルの方が
描写している量が多かったと思う。犯人分かりやすいし。
(レイトン教授の小説レベルの難しさだと言えば一部の人には分かりやすいだろうか?)
子供向けにしては怖いけど、推理要素のあるホラー小説のつもりで読んだら
かなりしょっぱい内容に思えてしまうかもしれない。
この中途半端さがレベルファイブらしいと言っちゃらしいけど。
でもこの「らしさ」が初心者にとってはありがたいと自分は思うんだ。

じゃあシナリオの出来は悪いのか?…と聞きたいのかもしれないが
物語に関する評価は敢えて保留とさせて頂こう。
だって続きが出る前提のお話は、基本伏線を色々ちりばめるものだからね。
…もうお分かりだろう。この小説、続刊が出るのだ。来年の1月に。
なんというおまけを用意してくれたのだろうか。
設定やキャラクターがレベルファイブ作品の中では割と変わり種なだけに
(まずレベルファイブ作品において女の子が固定の主人公であること事態珍しい。)
心のどこかではこの本をちょっと面白く思っている自分にとっては朗報か。
ストーリーの完成度はあまり期待しないけれども
『うしろ』ワールドをまだ楽しめるというのは結構有り難いのかも。

PVとは色々違う部分はあるが、今後の展開次第ではこれと小説とで
何らかの共通点が出てくるのかもしれない。少し期待しながら待つとしよう。
そして最後にもう一度頭に浮かんでくる疑問。

何故こんなに良い素材をゲーム作品として世に送り出さなかったのだ…?
ふざけんな死神。でも嫌いじゃないよ死神。
[ 2014/11/13 20:29 ] 書籍 小説 | TB(0) | CM(0)

レイトン教授と七人の英雄

出来心。

[ 2014/11/11 21:17 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

アニメ・妖怪ウォッチ 43話感想①

よい子のみんな、妖怪ウォッチの感想の時間だよ!!
自分は子供達が平等に買えるようにしてるだけだと言いながら買い占める転売厨も
どうせ日野は妖怪にしか目が無いと嘆くレイ○ン・イナ○マ・ダ○戦ファンも
子供に媚びる公式ステマはこれだから嫌いだと言い張るポケモン好きも
今回は黙ってお付き合い下さいませ。荒らす奴は全員頭ン中をゲラゲラポーにするぞ。
youkai1109-0.jpg
あと妖怪ウォッチが大好きなチビッ子のみんな、このブログは妖怪ウォッチより
他の作品の方が割と好きな(勿論これも好きだよ!?)お姉さんが書いているから
あまり純粋な内容になっていないと思うんだ。読むのはおすすめしないよ!
では妖怪ウォッチ43話、「レンコン教授と不思議な館」の内容を振り返っていこう。

【前回までのあらすじ】
世界全人類が吸血鬼になって親父になった――でも
一話完結のギャグアニメだから別になんともなかった。

  このアニメは30分の中に1~4つほどのエピソードが盛り込まれている。
  今回は前回のガブニャンハザードと同じくお話が一つだけの構成。取り敢えず…
  「主人公は妖怪が見える時計(妖怪ウォッチ)を持っている」、
  「妖怪達と仲良くなることで友達契約の証である妖怪メダルが貰える」、
  「メダルを時計にはめる事でその妖怪を呼び出すことが出来る」

  というポイントを知っていれさえすれば後は何の問題も無く楽しめる事だろう。
  前置きが長くなったが、如何せん始めて見る方が多いと予想されるので
  ウォッチファンの方にはかなりくど~い文章になるぞ、気を付けろ。さて…

物語の始まりは主人公・天野景太(ケータ)の家のリビングから始まる。
ケータと(自称)妖怪執事のウィスパー地縛霊のネコ妖怪・ジバニャン
テレビに映っていたとあるアニメ番組を食い入るように見ていた。
どこかで聞いたようなBGM、火曜サスペンスを髣髴とさせる崖、
崖の上で懸命に蓮根の臭いを嗅ぎ二人の容疑者と対峙していた男…
youkai1109-1.jpg
その名はレンコン教授!!すげぇ、元ネタの中の人とそっくりの髪形じゃねーか。
「この中に犯人がいるとすれば…それはあなただ!」と言いながら犯人を指さすとこも
完全に原作準拠。ところが指差された男はもう一人の容疑者が犯人だと言い張った。
普通なら二人目の容疑者も自分の身の潔白を証明すべき頃なのだが
頭を抱えながら自供して事件はスピード解決。
あれ?推理パートは?何でコナンみたいなおっさんが犯人なんだ?
探偵側のレンコン教授は何故崖の上に立っているんだ?
初めて見たであろうレイトン教授ファンの疑問にアニメは一切答えることなく
自らの罪を認めた男はパトカーに乗せられ退場。あ、警官の制服もイギリス風だな。
youkai1109-2.jpg
レンコン教授の傍らにいながらこの成り行きを見ていた助手のワルーク
彼の穴だらけな推理のお陰で事件が解決できた、と褒めているのか貶しているのか
よく分からん発言。当のレンコン教授は決めポーズをしながらこの台詞で〆る。
「当然さ、英国紳士としてはね!」
youkai1109-3.jpg
こうしてエンディングに入ったが、ウィスパーとジバニャンと殆どの視聴者は面白さが
サッパリ分からないと言う。しかし一方のケータは大はしゃぎ。
エンディングでは洒落たスポーツカーに乗っているくせに脱げた帽子を取ろうと
ハンドルから手を放すという英国紳士としてはあるまじき行動をするレンコン教授。
元ネタとは遠くかけ離れたダサいキャラだが、ケータはそんな彼がお気に入りなようだ。
もう名前と助手の存在以外の共通点が見つからないというのに…どこがカッコいいの?

以上アバン。
youkai1109-4.jpg
今回のオープニング曲は『祭り囃子でゲラゲラポー』
歌っているのは『ゲラゲラポーのうた』と変わらずキング・クリムゾンクリームソーダ。
37話以降の奇数回はこの曲だが、偶数回では『初恋峠でゲラゲラポー』となっている。
2曲は10月29日に発売され、今でもチビッ子を中心に大人気のアニソンだ。
なおゲームでは『祭り囃子~』がゲーム『妖怪ウォッチ2 元祖』
『初恋峠~』『妖怪ウォッチ2 本家』のオープニング曲でもある。
更に12月13日発売される『妖怪ウォッチ2 真打』ではまもなく公開される
劇場版と連動したエピソードがあったり、日野の妖怪をフルボッコに出来たり
色々面白そうな要素が詰め込まれているようだ。勿論オープニング曲も変わるらしい。
さぁ今すぐ予約してレベルファイブに貢ごう!
youkai1109-5.jpg
画像の妖怪は人気妖怪の一人、ふぶき姫だ。進化前のゆきおんなも可愛い。(どちらもアニメ未登場)
余談だが、『祭り囃子でゲラゲラポー』のミュージックビデオには
福岡県北九州市出身のお笑い芸人、小浦一優氏が出演。華麗なダンスを披露している。
え、誰だっか分からないって?芋洗坂係長だよ?

以上宣伝。以下本編。
霧が立ち込める湖のほとりを歩くケータと彼のクラスメイト3人。簡単に紹介しよう。
紅一点であるフミちゃんの本名は木霊文花。ゲームでは主人公がケータとフミちゃんで
選べるようになっている。また少女漫画誌『ちゃお』でも主人公。ケータの想い人。
一番体の大きい少年はクマこと熊島五郎太。某猫型ロボットアニメのガキ大将に見えるが
乱暴や弱い者いじめはしない。あくまで悪い妖怪に取り憑かれなければ、の話だが。
最後にカンチ。名前は今田干治なので名前がそのままあだ名になっている。
機械に詳しい一方で妖怪等の非科学的な事は信じない現実主義の少年だ。
youkai1109-6.jpg
友人達はレンコン教授の物真似をするケータを見て無駄にハイテンション。
あるよねぇ。友達の物真似だけで大ウケしているうちに物真似のハードルが上がってくノリ。
地面に落ちている靴を見ただけで事件に結び付ける思考は実にレベルファイブらしい。
早速ケータはレンコンの真似をして推理を始める。それも子供の靴を嗅ぎながら。
youkai1109-7.jpg
するとちょうど一組の親子が乗った自転車が通りがかる。
ケータはズバリ自転車に乗っている男児のものという推測を述べるが残念ながら外れ。
別の男の子が落としたのものであった。でも穴だらけな推理で事件を解決したことを
友達から褒められケータは更に調子に乗ってしまう。
このノリについて行けないのはウィスパーとジバニャンと視聴者ぐらいだ。
ちなみにレイトン教授ファンはというと、もうレイトンとは別の人間だと割り切って
素直に楽しんでたそうだ。一部クラウスが出ないと不満げな人もいたがな!

さてケータ達は子供会主催の植樹イベントに参加していた事がここで明かされる。
何故か妖怪の事より人間の事に詳しいウィスパーは持っていた妖怪パッドを見ながら
ジバニャンに説明する。まぁこれを読んでる人への説明は省いていいか。
その後歩きながらアイパッドをいじっていたウィスパーが標識にぶつかる、
という申し訳程度の教育要素を強調した後はお待ちかねの植樹タイムだ。
youkai1109-8.jpg
子供達が真面目に苗木を植えている最中に、後ろから何者かの視線をジバニャンは感じる。
その様子を見たケータがジバニャンとそのことについて喋ろうとするが
突然喋り出した(ように見えた)ケータを友人達は何があったのか尋ねてきた。
妖怪ウォッチを持っていないため、ケータは妖怪に関する話題を彼らと共有出来ないのだ。
ジバニャンの事については隠しながらナゾの視線を感じたことを話すケータ。
でもこれもまたレンコン教授に繋げてはしゃぎ出すのがいや実に子供らしい。

youkai1109-9.jpg
植樹が終わり雲行きが怪しくなる中、ケータ達は今日泊まるホテルに到着する。
再びジバニャンは誰かの視線を感じるが自分達を見つめる人物の正体はまだ分からない。
館の中に入ったケータ達は早速探検し始める。外観がたいへん地味だった割には
洒落た家具があちこちに置いてあり、画面をクリックしたいと我が右手が疼く。
鎮まれ我が右手よ、タッチしていいのはレイトン教授のゲームだけなのだ…!!
あぁコインが、我にはコインが足りぬぅうううううううううカチカチカチカチカチ…ピコーン!!(隠されたナゾ)

二階に上がると、廊下の壁は沢山の絵画がかけかれていた。
ケータ達はその中で一番大きな絵の前で立ち止まる。
富士山をバックに咲き誇る桜の絵に見とれていると何処からか聞こえてきた
掛け声と共にポンッと桜の花が咲いた。それも額縁に…!
youkai1109-10.jpg
気味悪がった子供達は急いで来た道を駆け戻ると目の前にはどこか不気味なお人形。
待ってましたとばかりに桜は人形の頭の上でも花開く。もうこれホラーだ!
その場を立ち去ろうとするとこの館の管理人が登場。一見親切そうな男性だが…?
彼に案内されケータ達は色とりどりの花が咲いている庭が見える部屋へ通される。
管理人の立ち振る舞いはどこか怪しかった。だけどこれもレンコン教授なら何とかしてくれる。
徐々に期待の度合いが膨らんでいく友人達を見てケータはこの事態が
最早収拾できなくなりつつある事を悟るが引き返せない。
ここはレンコン教授になりきったつもりで何とかしなければいけないが
如何せんナゾトキに関しちゃド素人のケータにはどだい無理な話で。
youkai1109-13.jpg
ここでジバニャンのセリフからこの一件に妖怪が関わっている可能性を見出すケータ。
妖怪ウォッチでこの辺に妖怪がいないかを探り出す。
開始9分にしてやっと妖怪ウォッチ要素が…!と思っていたが
肝心の妖怪が見つからない。あれ?このアニメのお約束はどこ行った?
花を咲かせる妖怪なんていない、とウィスパーがフラグを立てていたのにもかかわらずだ。
基本こうやってウィスパーが高をくくった時に限って妖怪がホイホイでてくるのになぁ…。
この間も何か独り言ちながら部屋を歩き回るケータを見て仲間の期待値は高まっていく。
大体カンチが何でもレンコンにつなげるから皆もそれに便乗しちゃうんだよなぁ。
管理人がお茶の用意をしに部屋へ入ってきた。テーブルに道具を並べている間
子供達は集まりいかにも怪しそうな管理人がクロではないかと囁き合う。
一応ケータは管理人の臭いを嗅いでみるが何の手がかりも得られない。

しかし事件はその後急展開する。
準備を終え部屋から出て行って暫くした後、管理人の叫び声が聞こえたのだ。
彼の元へ来てみると、うつ伏せに倒れ込んだ彼の頭から桜のつぼみが生えていた。
そして花が咲いた時、管理人はむくりと起き上がりだらんとした両腕を前に突き出す。
youkai1109-11.jpg
一体、管理人の身に何が起こったのだろう?子供達の運命は?
そしてケータはレイトン教授のようにこのナゾが解けるのか?
Bパート、想像を絶する展開がケータ達を待ち受ける!!



おい、Aパートだけでイナイレ感想一回分ぐらい費やしちゃったじゃないか!
だってイナイレは誰が点を決めたかだけ抑えれば長い試合パートについて
ぐだぐだ書く必要は無いから短くなるんだよ、あれでも。
展開がクッソ速い上に色んな出来事が立て続けに起こる妖怪ウォッチ。
書くネタが多過いのと大好きなレイトン教授シリーズのパロディも相成って
色々書きたかったのだ。これで複数のお話がある回だったらもっと大変だっただろう。
あと載せる画像も何にするかでかなり悩んだ。
イナイレは新必殺技で大体済んじゃうけどね…新妖怪はそうポンポン出るもんじゃないし。
当然残りは今度載せる予定。

今回のイラストは色々な妖怪を描きながらおいらのお気に入りを紹介。
①好きな妖怪・ウィスパー
ウィスパーは子供以外に人気出そうだ。声優は汚い方の関だけど。
女の子妖怪は可愛い子多くて選べないー!これも妖怪の仕業じゃー!!
②好きな人間キャラ・ケータ母
お母さんがはしゃぐエピソードはクッソ萌えるものばかり。
いやぁレベルファイブのママキャラは可愛いね(ただし円堂母を除く)
③一緒に住みたい妖怪・キュウビ
もふりたい。あの数の尻尾はおいらを誘っているとしか思えん。
そして公式ショタ化。フミちゃんとフラグを建てたのに速攻で折られる様子が可愛い。
④好きなエピソード・ひも爺(4話収録)、ジバニャンの秘密(25話)
あとサム回(13話収録)、ねちがえる回(35話収録)。この4つは切ない。
笑える話は多過ぎるので割愛。流石にホモネタ回(23話収録)は勧められないしww
⑤おいらの妹が一番好きな妖怪・コマさん
こマ?ちなみに弟のコマじろうも好きなんだそうな。
この狛犬兄弟、進化すると結構カッコよくなるので興味のある人は是非。
⑥印象的だったパロディ・今回、恋はスリ○ショッ○サス○ンス(16話参照)
絵柄が真似られなかったので感想絵では省略。是非自分の目で確かめて欲しい。
その他にも色々パロディがあるのは金を払う親世代を取り込むためだろうね。
⑦もしアニメの新コーナーを作るなら・ケマモン主役
たぶん無理。でも主人公の爺ちゃんがケマモト出身っての何気に嬉しいな。
ところでゲーム本編の熊本出身のお姉さん何故に天草(おいらの故郷)推しなんですかねぇ…?
⑧こき使いたい妖怪・うんがい鏡
移動に便利だからね。あと絶対ぬ~べ~実写の奴より可愛いと思うんだ。
よ~し、ちょっとウォッチで見てみま~す(爆)。
⑨狩りたい妖怪・日野
言 わ ず も が な。
⑩最後に一言・おいらの絵がこんなに汚いのは、全部"ファーム"の仕業なんだ。
kansouYW1109.jpg
ちなみにこの絵は前回の放送からコツコツ描いてた奴なんだけど、
意外と今回のエピソードと関係があるようなないような部分があって今更ながらビックリ。
それについても次回書ければ。


前半の個人的お勧めポイント。
youkai1109-12.jpg
[ 2014/11/09 14:01 ] ゲーム レイトン教授 | TB(0) | CM(0)

予告やんね

1sx.jpg
来週、絶対妖○ウォッチの感想記事書くからな!
レイトン教授シリーズのファンとして出来る限りやっていくつもりなのでよろしく。
[ 2014/11/02 21:21 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。