グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > スポンサー広告> アニメ > ★★★★★ > それでも世界は美しい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

それでも世界は美しい

それでも世界は美しい Blu-ray BOXそれでも世界は美しい Blu-ray BOX
(2014/09/24)
前田玲奈、島崎信長 他

商品詳細を見る
雨の公国第四公女のニケ・ルメルシエは雨を降らせる能力を持つ少女。
彼女は3人の姉達とのジャンケンに負け、不本意ながらも祖国を守るため
晴れの大国の太陽王リヴィウス一世の元へ嫁ぐために出立する。
さて冷血無慈悲と噂される太陽王、実はまだ11歳の子供であった…。


太陽と雨、二つの国が舞台のファンタジー作品。
主人公は勿論快活でお転婆なニケと冷たく乾いた心を持つリビ(リヴィウス)。
物語の根底にあるのは、こんな正反対の二人が互いを信頼し合いやがて愛し合う
甘いラブロマンスなのである。晴れの大国に来たニケはそこで様々な人や試練を通し
孤独な太陽王が抱える負の感情を見抜いていく。そして彼女が大国(世界)の美しさを知り
リビが心から雨を願った時、彼女が歌う「アメフラシの歌」は大地に、
人の心に潤いの雨をもたらすのだ。この歌が素晴らしい。
最初に聞いた時は世界観に似つかわしくないじゃないかと思ったが
別に日本語の歌詞があってもいいかな、と次第に思えて来たので良しとしよう。
今まで雨=ジメジメとしたもの、沈んだ雰囲気…といったイメージを持っていたが
この作品で雨のもう一つの姿が垣間見えたような気がした。

設定がかなりシンプルであるために、作品の中に充満する「空気」を思う存分
味わうことが出来るのがこの作品の良さの一つだろう。
人物同士の関係も分かりやすくなっているため作品の訴えたいテーマが
見ている側にも理解しやすいようなつくりになっているので色々ありがたい。
勿論メインの二人の恋模様も時には甘く、時には切なく丁寧に描いているので
お転婆少女×ドS男子の王道カップリングをニヤニヤしながら見られるぞ!

余談だが、エンディングについて。
今丁寧さについて書いたが、その長所はここでも如何なく発揮されている。
キャラクターの映像、そしてそのキャラクターと演じていらっしゃる声優の名前が
同時に映されている仕組みになっているのだが、アニメキャラが覚えきれない人でも
一々確認せずに済むようになっているのだ。他のアニメでも採用されないかなこれ。
そして終始映されるリビの寝顔とラストの後姿(※全裸)、実に大胆。
…美味しゅうございました。
スポンサーサイト
[ 2014/09/18 23:59 ] アニメ ★★★★★ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。