FC2ブログ

グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > スポンサー広告> アニメ > ★★★☆☆ > バディ・コンプレックス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バディ・コンプレックス

バディ・コンプレックス 1 (限定版) [Blu-ray]バディ・コンプレックス 1 (限定版) [Blu-ray]
(2014/03/26)
松岡禎丞、内山昂輝 他

商品詳細を見る
二学期の始業式の日。主人公の渡瀬青葉が通う高校を巨大ロボットが襲う。
逃げ惑う彼を別の巨大ロボットへ導いたのは同級生の弓原雛だった。
彼女はロボットに乗り込み迫り来る敵と戦った結果、相手はロボットを自爆させる。
その時の爆発に巻き込まれた青葉は一人未来へと飛ばされてしまう。
「ディオが待ってる」…という雛の言葉に送られて。


突然未来の世界に飛ばされた主人公がロボットのパイロットとして戦うアニメ。
戦争の真っ最中である世界に飛ばされた一般人である青葉は
パイロットである少年、隼鷹・ディオ・ウェインバーグとペアを組み
ロボットに乗って敵国との戦いに身を投じていく事になるのだ。
で、この作品の特徴がディオと組んだきっかけにある。

軍は保護した青葉を調べたら、彼の特異体質について知る。
ディオと脳波の相性が良い事を示す「ナイスカップリング反応」が出たのだ。
これはパイロット同士を同調させる事でパワーを増大させる仕組みがあるのだが
うーん、これはBL好きな方を狙った設定なんだろうな。
毎回カップリングの良し悪しについての話題が出されるし
しかも専門用語の殆どがBLを連想させるものばかり。
真面目に作ったのか、狙ったのか、ギャグのつもりなのかよく分からない設定。
裏を返せば専門用語の多さに辟易してしまいがちな方でも分かり易いはず。
特に腐女子の方にはピッタリのアニメではないのだろうか…え?
こういう露骨に狙った作品はむしろ駄目?まぁいいじゃない。

さて本編はと言うと、案外ボーイズラブとは無縁のストーリー展開だったと思う。
一人の少女を追い続ける主人公と、彼の言動が理解できない堅物な相方という関係。
そんな凸凹コンビが次第に協力し合うことを覚え、共にロボットで戦う。
王道なストーリーなのだ。二人を取り囲む仲間達もいい人ばかり。
最初のインパクトが薄くなる分退屈に感じやすいだろうが、
皆が一致団結して戦争に立ち向かっていく姿勢はとてもいいと思った。

途中から謎がどんどん深まっていき、伏線が回収しないまま物語は終わる。
しかしまだ続きがあった。1クールのあとに2話の完結編があるのだ。
この完結編ではさっさと種明かしが行われ脳の処理が追いつかなかったが
今ゆっくり思い返すと確かに雑な部分は多かったが、
2話という制限の中、ここまでやりきれたのはむしろよくやったと思う。
地味だ。だがそこそこ面白いと思えたので個人的にはまぁまぁな感じ。
もう少し時間があればじっくり出来たと思うと少し残念だ。
スポンサーサイト
[ 2014/12/07 12:59 ] アニメ ★★★☆☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。