グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > スポンサー広告> 映画 > 映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!

新年あけましておめでとうございます。
2015年最初の更新は、今話題のゲーム「妖怪ウォッチ」の劇場版。
今年の12月には第二弾の上映も決定されているというビッグタイトルです。
まずはネタバレが少な目のツイートをご覧ください。
その後にネタバレ有の感想を書いていきます。

【あらすじ】
俺、天野景太。妖怪が見える不思議な時計「妖怪ウォッチ」を持ってるんだ!
これを使って友達になった妖怪達と不思議で楽しい小学生ライフの真っ最中。
ところがある日、俺が寝ている間にジジババ妖怪が妖怪ウォッチを消しちゃった。
それから俺は妖怪と一緒に暮らしていた事を忘れてしまうんだけど…?
(中略)妖怪ウォッチの秘密を探るため、俺と仲間達は60年前の時代へ!
そこで待っていたのは正体不明の妖怪に取り憑かれた人々と、
彼らを救おうと戦い続ける俺に瓜二つの少年だったんだ――
















どんなにシリアスな状況でもギャグを忘れない姿勢、そして視聴者がツッコみたかったところを
劇中でツッコんでくれるメタ仕様、主人公ケータ君の天然鬼畜っぷりが楽しめました。
心から「楽しかった」と思える作品であったことは間違いありません。


以下ネタバレ有。



倍返しネタで半沢のオネェ検査官を倒すのは卑怯だぞレベルファイブ。
ラスボスであるウバウネ様を演じられた片岡愛之助さん、演技が上手かったなぁ。
その他にも志村けんのアイーンが聞けたし、若い頃のケータの祖母(ゆきっぺ)を演じた
AKB48の島崎遥香…彼女はそこまで上手くも下手でもなかったけど、
出番は控えめだったのでちょうど良かったね。

ストーリー自体真打のゲームと同じものを採用しているらしいけど、
これに関してはよくあることだろうし、違うストーリーを作って失敗するよりは
同じお話で映画作った方がいいのではないのだろうか。自分も小さい頃、
ハリー・ポッ○ーの映画を見る時は映画見た後に原作読んで頭の中整理してたし。
コロコロで連載された漫画とは若干お話が違うらしいし
お金に余裕がある方は買ってみてもいいんじゃないだろうか。おいらも欲しい。

ただウバウネの動機部分はカットしても良かったんじゃないかなぁ。
いっそ動機喋ってる途中で粉砕しても良かったのでは?
あ、そしたらこちら側が喋っている間に待ってくれてた恩をあだで返すことになるか。
仕方ないからお年寄りの昔話に耳を傾けてあげておこう。

友達を大切にするのがテーマの作品なのに友達妖怪のジバニャンが放置され
ケイゾウと彼の友達がどう仲直りしたかを描いていない点に関して
不満を持つ方がいるようだけど、おいらはそこまで気にしてなかったな。
確かにジバニャン放置プレイは酷すぎたけど、一応ギャグなノリで助かったし
そもそも寄り道しないと助かる方法が見つからなかったわけだし。
ケイゾウに関しては、先ほどの絵にも描いたように「ケイゾウの成長」に
焦点があてられていたよね?友達が守れるぐらいの勇気があるヒーローを
目指していた彼が、自分の意志で一歩を踏み出せるかどうかが一番の問題だった。
それをクリア出来たんだ。相手もそこまで悪意があって仲違いした様じゃないし
別に描写が無くても仲直りできたことは分かるよ。

まぁそういう祖父と孫の冒険活劇がメインだから、ケータの友達三人の
出番が少ない事に文句を言ってはいけない。公式サイトで彼らの紹介があるけど
あれがあったから勘違いする人がいたのかな?だったら仕方ないね。

最後に忘れちゃいけないのは祖母の存在だ。
彼女はこの作品で唯一過去と現在の世界を知っている登場人物として出て来るが
そんな彼女は出番が少なかったとはいえ、存在感をしっかり出していた。
またお祖母ちゃん声優にアニメでナレーションを務める京田尚子さんを
起用していたのは見事なまでのナイスキャスティングと言える。
こういうキーパーソンのお婆ちゃんがナレーションをやる作品は
結構名作率が高いんだよねぇ。現代でケイゾウが別の姿になって
彼女と一緒になっている様子は実に微笑ましかった。

総評。やっぱりおいらは妖怪ウォッチが好きだ。
スポンサーサイト
[ 2015/01/02 23:53 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。