グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > スポンサー広告> アニメ > ★★★★☆ > 繰繰れ! コックリさん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

繰繰れ! コックリさん

繰繰れ! コックリさん 第1巻 [Blu-ray]繰繰れ! コックリさん 第1巻 [Blu-ray]
(2014/12/24)
広橋涼、小野大輔 他

商品詳細を見る
自らを「人形」と名乗る電波系少女・市松こひなは、物の怪のコックリさんを呼び出す。
彼女の前に現れたコックリさんは一人暮らしで好物のカップ麺ばかり食べる
こひなを心配し、憑りつくどころか彼女の保護者代わりとして世話を焼くように。
その後もこひなを溺愛する狗神、ダメ狸の信楽も一緒に住むようになり…。


同名漫画が原作の非日常系モフモフコメディ。
物の怪達と暮らす感情表現の乏しい少女…と書けばどこかホラーめいた設定だが
一癖も二癖もある人々が関わっていく事で不思議と笑いが生まれる。
変態キャラばかりなので下品な内容になるかと思えば、コックリさんを始めとする
物の怪はアニマル化というモフモフしていて可愛らしい姿になることで
自然とのほほんとした空気になる。イケメンだらけの逆ハーレムになるかと思ったら
性転換やショタ化といった男性にも嬉しいサービスだってある(…のか?)。
つまり視聴者の性別問わず楽しめるギャグアニメになっているわけだ。
グロテスクでブラックユーモアに富んだネタもあるので
小さい子の視聴はあまりお勧めできないけども。

マンネリ化したからキャラクターが増えるのではなく
キャラクターが増えたからこそ面白さが増えていくと言うのも評価すべきだろう。
様々なキャラ付けが出てきてもそれらが喧嘩せず、化学反応を起こすことで
カオスな面白味を生むのだ。まるで色んな化学調味料が合わさることで
旨味を生み出すカップ麺の出汁のように…。

コメディ話ばかりかと思えば、人外の出る作品ならではの「ちょっといい話」が
紛れ込んでいる。自分は割とこういうのに弱い。
いつもはおバカなキャラがふと真剣に不思議な出来事に関わっていく…
かと思えば普段通りのオチが待っている。安易に感動話で終わらせず、
この作品特有の〆を用意してくれるので安心して見ていられる。
ずっとこの奇妙な世界を味わっていたいと思ってしまう。

でもどんなアニメにも終わりはある。
だからこそ最終回コックリさんの願いが生きてくる。
原作はまだ連載中ではあるが、いつかはこひなとの別れがあるかもしれない。
もしかしたらずっと一緒で居られるかもしれない。
どういう終わり方が待っているのかは分かるわけが無いが、
登場キャラの誰もが幸せでいられるように…と祈るしかないだろう。
あと2期下さい。

最後に。
この作品の魅力を最大限に膨らませてくれた広橋涼(こひなの中の人)さんに感謝。
ところで彼女の演技に魅入られた所為で我が家のカップうどんorそばの
消費量が増えてしまったのだが、どうすればいいだろう。
自分もコックリさんを呼び出すしかないのか?
スポンサーサイト
[ 2015/01/31 19:00 ] アニメ ★★★★☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。