グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > スポンサー広告> アニメ > ★☆☆☆☆ > ガールフレンド(仮)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ガールフレンド(仮)

ガールフレンド(仮) Vol.1 [Blu-ray]ガールフレンド(仮) Vol.1 [Blu-ray]
(2015/01/21)
佐藤聡美、佐藤利奈 他

商品詳細を見る
聖櫻学園高等部に通う女子生徒達の何気ない日常を描く。


あらすじが簡潔過ぎる理由。それは登場するキャラクターが非常に多く、
誰が主人公なのか分かりにくい、という事だ。またオムニバス形式とも言う。
一応、キービジュアル等から察するに椎名心実がメインと捉えるべきだろうが
彼女が全く喋らない回が多い。登場さえしない話もあるのだ。
元々同タイトルの恋愛アドベンチャーゲームが原作。
おそらく豪華声優が演じる多くの女子生徒達それぞれが主役なのだろう。
ちなみにタイトルに「(仮)」とあるが、これが正式名称。
そう言えば以前、同じように正式名称に(仮)が付いたゲームがあったな…。

思えばちょうど一年前。一月の前半はこれを宣伝するCMがひっきりなしに流れていた。
それで気になってアニメを見始めたのだけれども、
女の子だらけのアニメ特有のゆるい空気以外のものを感じた。
「焦り」と「苛立ち」である。作風にそぐわない感情を抱いたのにはわけがある。

まったりとした雰囲気が漂う本作。
有名な声優を起用する事で、幾つかアニメを見てきた人間にとっては馴染みのある
キャラクターの声で作品が彩られている。(公式でもそれを推しているね)
その為登場する女子高生の誰もが驚くほどに個性的だ。
奇抜な格好をしている子もいれば、代わった口癖の子もいる。
そういう変わり種が多過ぎて互いの魅力が喧嘩し合っているように感じた。
先程書いた椎名さんは比較的落ち着いた感じの子だが、こういう子はごく少数。
そして目立つキャラ設定がされているのにそのほとんどは1話限りの出演だ。
正確には他の話にも時々登場するのだけれど、その時には別の子のインパクトが
大きいために、忘れていることが多い。何度も登場すれば多少記憶には残るだろうが
設定だけじゃ掴めない…そのキャラの魅力が伝わってくるケースが少なかったので、
自分はこのまま楽しめずに終わってしまうのではないかと「焦り」ながら見ていた。
一人に集中できる時間が限られているから焦らずにはいられないのだ。

本当なら出てくる女の子の数を減らすことで、一人ひとりを描く時間を増やし
視聴者を惹きつける。原作ゲームに興味を持つ人が出る。課金する…
こうしてアニメ化する事のメリットが生まれるはずなのだが、
登場人物の多さで集中できなくなっている(と自分は感じた。あくまで個人の意見)。
アニメを作ったスタッフは欲張り過ぎたのだろうか?

(この先の感想、若干過激です。)



ただ一つ付け加えておくなら、好みではないが覚えているキャラは一応いる。
しかしそれは好きだからではない。むしろその逆…嫌いだからだ。

キャラの魅力を出すには、そのキャラがメインとなるエピソードを出す必要がある。
しかしただキャラを出すだけでは物足りない。
だったらそのキャラが何かのトラブルを起こし、友達と協力して解決させよう。
そうすれば絶対何かしらお話が出来る。頑張っている女の子は可愛いし、
主役キャラの長所や短所、友達との友情等、面白く出来そうな要素は沢山詰まっている。
ところが、面白くなるどころか「苛立ち」を覚えるエピソードが多いのはこれ如何に。
特にアクの強いキャラが主役の回は、ほのぼの日常アニメを見ているとは思えない
殺伐とした心境に至った訳だ。

可愛くてドジな女の子、これを可愛いと思えるように見せるのは難しい。
特に男性より女性の方がドジな女に対する風当たりが強い云々あるだろうが、
自分の場合、その子が頑張れば好きになる。要は描き方の問題だ。
実際に自分がこのアニメを見て好きになった椎名さんと村上文緒さんは、
トラブルを起こしても、自分のできる事を見つけて成長していった訳だし。
嫌味の無いストーリー展開のお陰で好きになれたのだと思う。
一方名前は出さないが何人かの少女達の場合、凄くおかしな理由で問題を起こしている。
彼女らは高校生であるという設定があるにも関わらず、びっくりするほど
幼さが残る考え方で動くキャラがいた。また問題解決を人任せにする子、
自分だけの都合で誰かに迷惑をかけてばかりの子がいるのだからどうしようもない。
キャラ立ちさせるため、問題児化させたように思える部分が多かった。

ドジっ子は可愛い。別にアニメに対しリアルさを求めている訳じゃない。
ただ、創作とか二次元以前に人としてどうかと思う部分があったのだ。
そこが気にならない人にとっては、きっと美少女だらけの天国に思えるだろうが
ここを許したらいけないような気がしてならない自分にとっては辛い内容だった。
ストーカーやブラック企業の上司を思わせる人間が良い思いをして、
影で苦労している人間が最後まで得をしないをしないのはどうかと思うのだ。
え、まさかその辺でリアルさを狙ったわけではあるまいな?

余談だが、この作品が共学の高校が舞台だと最近知った。
原作ゲームは男性がターゲットである以上当然の設定だろうが
男子高校生のモブが殆ど全く喋らないアニメでは、その設定の必要性が分からなかった。
いっそ女子校にすればいいじゃないか?
スポンサーサイト
[ 2015/02/07 16:38 ] アニメ ★☆☆☆☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。