FC2ブログ

グラタンのパズル日記

日記とアニメの感想が主。時々レベルファイブ作品のネタを少々。
グラタンのパズル日記 TOP > スポンサー広告> 書籍 > 小説 > うしろ 放課後の王国。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うしろ 放課後の王国。

うしろ  放課後の王国。 (角川ホラー文庫)うしろ 放課後の王国。 (角川ホラー文庫)
(2015/02/25)
後藤 リウ

商品詳細を見る
死神・宇城霊一郎の眷属として、仕方なく彼にに協力し続ける西崎七名子。
彼女は死神達が穢れてしまった人の魂を集める意味、そして彼らを取り巻く
この世とは異なる世界の秘密を知っていくようになる。
その一方で、七名子達が住むまほろば市に少しずつ異変が起こり始めていた…。


死神の少年と女子高校生がタッグを組み、悪人の魂を奪いまくる勧善懲悪譚の続編。
相変わらずクズで自分勝手な人間達が容赦なく死にます。
悪人を殺すどころか許してしまう過去のレベルファイブ作品に比べれば
毎回のオチが個人的にスッキリしているように思えてしまうんだ。
はい、前巻と殆ど変りはありません。一部を除いては。

1巻目の出来事はどれもが「物語の大まかな流れ」の説明として仕事をしていたが
この2巻目ではそこから発展して時々変化球的なエピソードが入っていると同時に
今まで触れられなかった死神側の事情や過去の出来事、そして少しずつ
おそらくこれまで以上の事件が起こりそうだという雰囲気が明らかになってきた。
キャラクター同士の関係もより複雑になってきたようにも思える。
結構沢山の新キャラが登場したが、彼らについてはまだ不明な点も多く
この辺は続編を読むしか謎は解けないんだろう。分かっているのは彼らの殆どが
宇城絶対殺すマンである…ぐらいなところか。宇城嫌われてるな。

さて第1巻の感想記事で、帯には狛犬妖怪の紹介が載っていたと書いたが
今回は宇城が七名子に向けて言った台詞、そして宇城と七名子の関係の変化を
仄めかす記述があった。これら、最後まで読むと分かるのだが
100%帯の通りにはなっていないのだ。でも裏切られた気分ではないな。
むしろひねくれたレベルファイブファン向けの小説としては
非常に読者のツボを突いていると思うんだよ。
宇城のセリフは思いもよらない場面での発言だったし、関係の変化…か。
まぁ元々この二人の主従関係自体が小説の中の世界ではアウトローなんだけどね!
宇城の言動がちょっと可愛らしいように思えるシーンが増えることで親近感が湧いたら
最後でその親近感を不信感に変えるような展開来るしビックリだよ。
でも宇城はやっぱり可愛いよ。彼の従者であり公式ツイッターでハッスルしてる
蛇マフラーのタクシャカに比べるほどでもないがな。

七名子も(本人はその気はないつもりらしいし、そもそも話の流れ的に伏線かどうか分からないが)
今まで抱えていた秘密を意味ありげに吐露したし、オラますます続きが気になってきたぞ。
スポンサーサイト
[ 2015/03/29 18:52 ] 書籍 小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

グラタン

Author:グラタン
ご閲覧ありがとうございます。
レイトン教授と色々なアニメを
こよなく愛する人間でございます。
基本はリンクフリーですが、
相互リンク希望の方は連絡下さい。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。